市販の約半額!ハードタコス【タコシェル】はサルサと一緒に業務スーパーで買うべし

エキサイティングな価格が魅力的な、みんな大好き業務スーパー!(以下業スー)

 

ちなみに2020年夏、我が家が業スーで一番購入したのは「氷」でした。通学・部活・サッカーで持参した水筒に入れる氷が製氷機ではまったく足りず、2キロ入りの氷を週に3回は買っていましたね。2キロも入ってお値段158円ですから、本当に助かりました。安いの万歳!

 

そんな業スーでリピ買いしているのが【タコシェル&サルサ】。土日、春休み・夏休みもほとんど家にいたため、ワンパターンになりやすいお昼ご飯に大活躍しました。

 

タコシェルはメジャーなメーカーの約半額ですし、サルサはトマト嫌いでも食べやすく、お値段も手ごろなんです。



 

【業務スーパー】タコシェル 11~12枚入

タコシェル

  • 名称:揚げ穀物加工品
  • 原材料名:とうもろこし粉(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、食塩
  • 購入価格:250円(2020年9月時点)
  • 原産国名:ベルギー

 

タコシェル原材料

 

小麦粉を使用したソフトタコスに対し、とうもろこし粉100%のハードタコス【タコシェル】は小麦アレルギーにとって心強い味方ですよね。いつもと違ったメニューを出してあげられるし、挟む具を用意するだけだから、調理も簡単ですしね。

 

食物アレルギーの無い家庭よりも、アレルギーのある家庭の方が食卓に登場する回数が多いと予想しますが、さてどうでしょう?

 

業スーで買えるこのタコシェルは、なんといっても値段の安さが魅力的です。250円で普通タコシェルは買えません!実際スーパーやカルディで見かけるメジャーなメーカー『オールドエルパソ』は倍以上のお値段で売っていますし。

 

かといって味が劣るのかと思いきや、そんなことは全くなく、オールドエルパソと同じです。突き詰めて違いは何?と聞かれたら、業スーの方がオールドエルパソより油っこくないことですね。

 

業スーのタコシェルは開封後、そのまま具を挟んで食べるように書いてあります。対して、オールドエルパソは皿に並べレンジで温めてから使用とあるので、私はいいとこどりをして業スーのタコシェルをレンジで温めてから使っています(笑)

 

 

簡単タコミートの作り方

 

タコシェルに挟むメインの具であるタコミート。タコシェル売り場の近くにタコミートのシーズニングが売っているので、それを使うのも良いでしょう。

 

またタコミートは意外と簡単に作れるので、わが家で作っているタコミートの作り方もご参考に!頻繁に使うチリパウダーはこだわりがあって、オーガニックのものをiHerbで購入してます。

 

■タコミート■

材料:合いびき肉、玉ねぎ(みじん切り)、にんにく(みじん切り)、油

調味料:ケチャップ、ウスターソース、チリパウダー、砂糖(少々)、ナツメグ(お好みで)

 

  1. にんにくを香りが出るまで炒めたら、合いびき肉を少し焦げ色が付くまでよ~く炒めます(肉のにおいが気になる方はナツメグを振ってください)
  2. 玉ねぎも投入しさらに炒めます
  3. チリパウダーを振り、香りが出るまで炒めたら、ソース類、砂糖を入れ、さらに炒めます
  4. 味見をし、チリ風味が足りないときはチリパウダーを、味が薄い時はソース類を追加します

 

ソース類を半量にし、代わりに「焼き肉のたれ」を入れると、お子様の好きなバーベキュー味になります!小さなお子様用でしたら、チリパウダーを入れなくてもいいでしょう。

 

 

好きな具を挟めばOK!

タコシェル調理例

 

具は既定路線ですとレタス、トマト、タコミート、サルサソース、チーズですね。でも、決まりはありませんから、好きな具を挟めばいいと思います。

 

我が家も息子たちが苦手な生トマトは入れませんし、次男はご飯も挟んでタコシェルの中にタコライスを作ってます。手巻きずしのようにいろんな具を用意して、それぞれ挟むのが楽しいです!

 

ここで用意するチーズはいわゆるヴィーガンチーズ。乳製品不使用なので乳アレルギーの息子でも食べられるし、家族で同じものを使えばコンタミの心配もありません。今回のように加熱せず食べるときは、そのまま食べられるイオンのヴィーガンチーズを使います。

 

 

 

【業務スーパー】トマトサルサ 453g

サルサ

  • 名称:トマトソース
  • 原材料名:トマト、たまねぎ、ピーマン、食塩、ハラペーニョ、醸造酢、砂糖、にんにく、大豆油、香辛料/香料、(一部に大豆を含む)
  • 購入時価格:236円(2020年9月時点)
  • 原産国名:メキシコ

 

✔アレルゲンとして「大豆」があります
✔コンタミ情報として「卵」、「乳」があります

 

タコシェルのお供、サルサも業スーで一緒に買いましょう!スーパーに比べて100円くらい安いです。でも、おすすめする理由は価格よりも、その美味しさにあります。

 

業スーのサルサは、すごく食べやすいんです。トマトは酸味がきつくないし、ハラペーニョは噛んでも辛すぎずちょうどよい。小学生くらいなら問題なく食べられると思いますし、見た目で分かるので嫌なら取り除けば大丈夫です。

 

生のトマトが嫌いな息子たちも、このトマトサルサは食べやすいから、たっぷり乗せて食べてくれます。

 

初めて購入したときは、この値段でこの味?!と感動し、この大容量をあっという間に食べきってしまいました。ちょうどコストコで大容量のKIRKLAND オーガニック トルティーヤ チップス 買ったばかりで、毎晩サルサを添えつまみに食べました。気づけば両方ともあっという間になくなりましたね。

 

このトマトサルサはタコシェル、タコライス、トルティーヤ以外に、ピザにもよく合いました!



 

まとめ&買えるところ

 

業務スーパーのタコシェル&トマトサルサでした!

 

小麦アレルギーにとっては米粉の次に代わる粉であるとうもろこし粉を使った、ハードタコス【タコシェル】。業スーでは市販の半額以下で購入できるので、タコシェルを食べる機会が多い人にとっては、とても魅力的なお値段です。

 

そして売り場ではそのタコシェルの近くにある【トマトサルサ】。トマトの酸味が苦手な人でも食べやすく、子どもでも食べられる程よい辛さがちょうど良いから、トマト嫌いの息子たちでもたっぷり乗せて食べているお気に入りです。

 

タコライスにも使える、簡単なタコミートのレシピも参考になれば幸いです!

 

■買えるところ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です