卵・乳なし!インスタントフォー【カップ入り】

 

サッカー少年の次男。
冬時期の試合は、ほぼ一日中外にいるので体がとても冷えてしまいます。この時期、試合のあいま口にする捕食は、お湯を注いで食べられるカップ麺やカップスープが息子のチームでは人気のよう。

 

カップ麺は絶対無理だけど、春雨スープとかどうだろう?とたくさん店を回りましたが、卵・乳・小麦が食べられない息子が食べられるものは一つもありませんでした。しかたなく、カップみそ汁を持って行っていたわけなのですが、チームメイトがずるずると麺を食べているのを、とても羨ましそうに見ているのを見るのが辛かった😢

 

カップみそ汁のほか、スープの素と器を持って行って食べることもしますが、”カップのまま食べられるのがいい”らしく、なんとか市販でないのかな?と探しに探した結果、見つけました~。それは日ごろからお世話になっている「MEGAドン・キホーテ」にありましたよ!

(ただし、小麦アレルギーは調味料の小麦が大丈夫な場合です。総じて小麦のアレルギー反応がある場合は、購入をお控えください!)

 

関連記事>インスタント【わかめスープ】生協のスープなら乳アレでもOK!

 

 

 

情熱価格×タイの台所 インスタントフォー3種

情熱価格インスタントフォー各種

 

 

原産国:タイ
輸入者:(株)アライドコーポレーション
価格:各98円(2020年1月時点)

 

【パクチーフォー】

  • 名称:即席カップフォー
  • 原材料名:麺(米、でん粉、食塩)、食塩、砂糖、鶏肉加工品(小麦、大豆を含む)、コリアンダー、ねぎ加工品、マルトデキストリン、たん白加水分解物(大豆を含む)、にんにく、こしょう、シナモン、唐辛子、しょうが、スターアニス/調味料(アミノ酸等)、ソルビトール、微粒二酸化ケイ素
  • 内容量:22g
  • アレルゲン:小麦・大豆・鶏肉

 

【ビーフフォー】

  • 名称:即席ビーフン
  • 原材料名:麺(米粉)、食塩、砂糖、ねぎ、にんじん、キャベツ、たん白加水分解物、唐辛子、にんにく、こしょう、たまねぎ、スターアニス、しょうが、シナモン、セロリ、コリアンダー、フェンネル、調味料(アミノ酸等)、微粒二酸化ケイ素
  • 内容量:30g
  • アレルゲン:小麦・大豆

 

【チキンフォー】

  • 名称:即席米粉めん
  • 原材料名:米粉、食塩、砂糖、鶏肉加工品(小麦、大豆を含む)、ねぎ加工品、マルトデキストリン、たん白加水分解物、、にんにく、こしょう、シナモン、唐辛子、コリアンダー、しょうが、スターアニス/調味料(アミノ酸等)、ソルビトール、微粒二酸化ケイ素、香料
  • 内容量:30g
  • アレルゲン:鶏肉・小麦・大豆

※スターアニス=八角



ちなみに全部で5種類あるのですが、そのうち息子が食べられる3種のみご紹介しております。他にグリーンカレービーフン(小麦・大豆・乳・えび)、トムヤムビーフン(小麦・大豆・えび)があります。

 

まず、ご紹介している3種類のフォー、それぞれ名称が異なっていますが、味に大差はありません(笑)パクチーフォーに関しては乾燥パクチーがたくさん入っていますが、パクチー好きから言わせると風味は強くなく(^^;これなら嫌いな人でも食べられると思います。それでも、スープにたくさん緑が浮かんでるのはうれしいですよ。ちなみにチキン・ビーフフォーは麺が袋に入っていますが、パクチーフォーの麺はカップにそのままダイレクト・インされています。

 

チキン・ビーフフォーに関しては、そもそもの違いはスープの”だし”ですが、二つを食べ比べても違いはさほど分かりません。だからといってダメ出しはしていませんで、普通においしいですよ。やはりタイの台所とのコラボ商品ですから、異国の味がちゃんとしておいしいです。

 

3種類とも辛さレベルは5段階中一番低い「1」ですから、小さなお子さんでも問題なく食べられるでしょう。唯一の難点としては、具材の鶏肉がおいしくないこと。パクチー、チキンフォーに入っている白い謎肉(鶏肉です)、息子は美味しくないと毎回お残ししています。謎肉には小麦も入っているようですし、お湯を注ぐ前によけてしまっていいかもしれません。

 

一番気になるのは原材料の小麦についてかと思われます。ですが、症状は個人差が大きいですから、うちの子が食べられるからといって必ずしも食べられるかわかりません。我が家に限っていうと、「小麦粉そのものが使用されていなければ食べられる=調味料はだいたい平気」こんな感じです。

 

例えば麺が小麦めんだったら食べられない、麺は米粉100%で調味料に小麦が原料のものがあるは食べられる、こんな感じです。だからといって、初めての食品は必ず家で食べますし、サッカーの試合に初めてのものは、間違っても持っていきません。つまり、だいたいの線引きを日頃から意識しつつ、最初の試食はおうちで食べましょうということです。

 

それにしても、いくら探しても見つからなかったものがドン・キホーテで売っていた、ということがうれしくて。これまでもドン・キホーテのPB商品【情熱価格】にはたくさんお世話になってきましたが、やっぱりドンキなら見つかるんだ!と改めてドンキの偉大さを実感したのでした。

 



 

まとめ&買えるところ

 

卵・乳不使用のインスタントフォー3種をご紹介しました。ドン・キホーテのオリジナルブランド【情熱価格】の商品です。

 

インスタントみそ汁やカップスープのように”カップ入り”だから、お湯を注げば食べられる手軽さがとても魅力的。このタイプのもので卵・乳不使用のものはなかなか見つからないですよ~。また、小麦に関しては上で書いた通り、原材料をよく確認してくださいね。

 

我が家の近所にあるMEGAドン・キホーテでは、エスニック調味料やエスニック食品売り場と、カップスープ売り場の2か所で陳列されていました。ドン・キホーテに行ったけど見つからないよーという方は、生鮮食料品の取り扱いがあるMEGAドン・キホーテで探してみてくださいね!

 

関連記事>卵アレルギーOK!コスパ最強さつま揚げ
関連記事>卵アレルギーOK!卵白不使用のコスパ最強かにかま
関連記事>卵・乳・小麦不使用!コスパ良し おでんの具セット

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です