パルシステムの【焼きおにぎりバーガー】はランチにお弁当に最適で卵・乳不使用!

子供にとっては楽しい夏休みも、親にとっては地獄の夏休み。「コロナウィルスで長い間休んだのに、また休むの?お昼ごはんを用意するのが本当に嫌だ!」お母さんの正直な本音はきっとこうでしょう。もちろん私だって同じ気持ちです!

 

今回はそんなお母さんのイライラを少しでも減らせるような、手軽でおいしいライスバーガーをご紹介します。国産の牛肉を挟んだライスバーガーは、少々お高めのお値段ですが「しっかりした味付けで冷めても美味しく食べられる」と子供たちの大好物なんです。



【パルシステム】産直米使用 焼きおにぎりバーガー

パル焼きおにぎりバーガー

  • 名称:焼きおにぎりバーガー
  • 原材料名:米(国産)、牛肉(国産)、たれ(しょうゆ、果糖ぶどう糖液糖、魚醤、かつおぶしエキス、こんぶエキス、酵母エキス、食塩)、しょうゆ、糖類(砂糖、水あめ)、発酵調味液、調合みそ(大豆を含む)おろしにんにく、りんご果汁、なたね油、食酢、小麦でん粉、ごま油、ビーフエキス、麦芽エキス、酵母エキス/増粘剤(アセチル化リン酸架橋デンプン)、エタノール
  • 販売者:パルシステム生活協同組合連合会
  • 購入価格:1078円(2018年7月時点)

 

✔アレルゲンとして小麦・大豆・牛肉・ごま・りんごがあります
✔コンタミ情報として卵・乳製品・えびがあります

 

名前の通り、国産牛の焼き肉を挟むライスバンズは、焼きおにぎりになっています。焼き肉の味が引き立つようライスバンズ自体は薄味ですが、表面の焼き目が食欲をそそります。

 

挟まれている国産牛の焼き肉は甘辛味で、冷めても美味しい濃いめの味付け。なので我が家ではお弁当にも重宝しています。特に遠足のお弁当に入れると、友達からおいしそう!と羨ましがられるそうです。

 

遠足のお弁当はふだんより美味しそう作ってあげないと、子どもがかわいそうかな?と勝手に思っていますが、特段手を込んだことをしなくても600Wのレンジで2分チンすれば出来上がりなので、おにぎりを握るより簡単です。

 

それに白飯をお弁当に入れると「おかずを頑張らないといけない」という、よくわからないけけれどプレッシャーがありませんか?焼きおにぎりバーガーなら無問題!手抜きだけど手抜きに見えないし、メインのおかずにブロッコリーでも入れればそれなりに美味そうに見えます。

 

ちなみに他の生協でも牛肉のライスバーガーがありますが、食べ比べた感想はパルシステムの方が断然美味しく、ランクが違いましたね。わたしが感じた味の差は、ライスバンズのお米の味とバンズ自体の食感、さらにお肉も硬くて全然美味しくなかったし、味付けも×。お値段が1個につき80円くらい違うので(値段はたびたび変わるので参考程度に)仕方ないですけどね。

 

焼きおにぎりバーガー調理例

 

 

けっこうお肉は挟まれてる感ありますね。薄切りのばら肉がメインかなと思います。

 

牛肉ってたまに「ゴリッ」と固い部分があったりして、それが嫌で次は食べたくなくなることありますよね。この焼きおにぎりバーガーは幾度となく購入していますが、今まで固いお肉が入っていたことはありません。

 

あくまで息子の場合ですので参考程度ですが、我が家の次男は小麦アレルギークラス4ですが、この商品は問題なく食べています。気になったのが小麦でん粉ですがアレルギー症状が出たことはないです。食べられるかお試しになる際は、必ずごく少量からお願いします。



 

まとめ&買えるところ

お昼ごはんにお弁当に重宝するパルシステムの【焼きおにぎりバーガー】でした。冷凍庫に買い置きしておくといざという時に頼もしいライスバーガーです。ご紹介したのは5個入りの徳用ですが、2個入りもあります。(長期休みが近いと徳用がちょくちょく掲載されます)

 

他のライスバーガーとは一線を画すパルシステムオリジナルの美味しい味を、ぜひ体験してください。といっても買えるところは、生協の宅配パルシステムでのみ購入できます。

 

パルシステムは関東地方の1都6県と福島、山梨、静岡、新潟県が配達エリアです。配達エリアでない方ごめんなさい!今後の全国展開に期待しましょう!

 

>>アレルギー対応商品が自宅に届いて便利【生協の食材宅配サービス パルシステム】

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です