みたけ【お米で作ったからあげ粉】で時短から揚げ・時短サバの竜田揚げが完成!

『あると便利だろうな』と思っていたグルテンフリーの米粉のから揚げ粉。探してたらありました!

 

そんなに難しい料理ではないけど、肉切り分け~揚げるまでとにかく手間と時間がかかるから揚げですが、から揚げ粉を使ってみたら、簡単だし、時短だし百点満点でした!

 

鶏肉以外の食材にも使える便利な米粉のから揚げ粉、これを読めばきっと買ってみようと思うはずです!



【みたけ】お米で作ったからあげ粉 100g

お米で作ったからあげ粉

  • 名称:から揚げ粉
  • 原材料名:うるち米(国産)、食塩、麦芽糖、酵母エキス、ブドウ糖、鰹エキスパウダー、香辛料
  • 製造者:みたけ食品工業株

 

✔みたけ食品の製造工場では7大アレルゲンの持ち込みを禁止しています

 

お米で作ったからあげ粉

 

みたけ食品工業(以下みたけ)は特にきな粉で有名な会社ですね!その他米粉、ごま、和粉といったグルテンフリーの製品もたくさん製造されている会社で、小麦アレルギーの人にはおなじみの会社かもしれません。

 

そんなみたけ製造の米粉の唐揚げ粉、その名も【米粉で作ったからあげ粉】をカルディコーヒー探索中に見つけました。市販の唐揚げ粉と言えば小麦が一般的。そんな中、米粉の唐揚げ粉はとても珍しい商品です。

 

唐揚げ粉は肉にまぶすだけで簡単に味付け&粉づけが完了しちゃう便利なアイテム!家事をなるべく減らし、自分時間を確保したい主婦にはうってつけですね。

 

鶏肉にまぶし、30分ほど置いたら揚げるだけという【米粉で作ったからあげ粉】、さっそく試してみました!

 

最簡単で唐揚げを作る方法が確立

お米で作ったからあげ粉作業工程

使う粉の量は肉300gに対し粉100g。分かりやすくていいです!肉全体に揉み合わせたら、そのまま20分から25分おいておきます。揚げる頃に肉は常温になり、ちょうどいいですね。

 

通常は170℃の油で揚げますが、ダイエットに加え高騰している油を節約しているわが家は、エアーフライヤーで調理します。180℃で15分、裏返しさらに5分調理しました。

お米で作ったからあげ粉調理例

盛り付けのセンスはゼロですが、カラッと揚げ焼けて皮パリに仕上がりました~。

 

お味はシンプルな和風あじのからあげで、味は濃すぎずどちらかというと自分が作るから揚げよりうすあじです。ですが物足りなさとかは無いですね。普段どれほど自分が味の濃いものを食べているのか思い知らされます…

 

自分で作るときは、風味づけにショウガやにんにくを使うので、『肉の臭みとかあるかも』と心配してましたが、それは大丈夫でした。ただ香味野菜の風味がするから揚げもまたおいしくて好きなので、次はガーリックパウダーやしょうがパウダーを足してみようと思います。

 

今回作ってみてスゴイことに気づいたのですが…。使った鶏肉はもともとカットされていたものを使用しました。下味と粉づけはビニール袋の中で30秒くらい揉み合わせしただけ。エアーフライヤーを使ったので油で揚げず、フライヤーにセットし上からオイルスプレーしてスイッチオンしただけ。

 

そう、今回ぐうぜんにも、最簡単で唐揚げを作る方法を見つけてしまったみたいです!完成まで手間なくから揚げが完成したので、その早さ手軽さ、簡単すぎて恐るべしと思いました。

 

肉だけじゃない!魚・野菜にも

パッケージ裏面には魚やじゃがいもにもまぶしたレシピが掲載されています。確かに子どもが苦手な青魚や、ブロッコリーのようにフリッターにも使われる野菜にまぶして揚げれば、パクパク食べてくれそうです。

 

【米粉で作ったからあげ粉】はシンプルな和風あじ。濃すぎないから、例えばカレー粉やクミンなどのスパイスを混ぜたり、ガーリックパウダーやしょうがパウダーを加えたり、いろいろアレンジして楽しめそうです。

 

冷凍サバフィレを使ったクミン風味の竜田揚げが美味しかったのでシェアします。

 

塩を振って水けを拭いたサバに酒・しょうが汁をかけておきます。しばらく置いたら水分を捨て、クミン・からあげ粉の順にサバにまぶします。(クミンシードは挽いています。)魚は水分が多いので、揉み合わせずとも20分ほど置いているうち、勝手になじみます。

お米で作ったからあげ粉 鯖の粉付け

骨抜きサバフィレは崩れやすいため、粉ふるいや茶こしなど使うとまんべんなく粉付けできます。

 

またまた登場エアーフライヤーで揚げ焼きすれば出来上がり。レモンを添えてどうぞ♪こんがり焼けて皮パリ!身はふわふわで味が良くしみてておいしー!最簡単なサバの竜田揚げを完成させてしまいました。これは夕食はもちろんお弁当に使えますよ~!

お米で作ったからあげ粉 サバの竜田揚げ

ちなみに骨抜き冷凍サバフィレコープデリで購入してます。生協は時短につながる商品が多数あって、一度使ったら便利で手放せないです。クミンシードを挽いたものは冷凍フリーザーバックに入れて保存しています。添えたレモンは一度にたくさん買って色々な形にカットし、これまた冷凍保存しております。(のんべえには必須)



まとめ&買えるところ

みたけ食品工業の【お米で作ったからあげ粉】でした!

 

ずっと『あるといいな』と思っていた米粉のからあげ粉、思っていた通りとても便利な商品でした。下味~粉つけが約30分!シンプルな味だからアレンジも自由自在!エアフライヤーと共に使えば、調理中ほったらかしで他のことができるし、最簡単でから揚げが完成しました。

 

それに作ってみたら魚にもぴったりで、とくに青魚が嫌いなお子さんにすごくいいかもです。わたしだったらサバの塩焼きより、このからあげ粉で作ったサバの竜田揚げがお弁当に入っていた方が、絶対うれしいですね。

 

もちろんいつも作っている家庭のから揚げは、食べ慣れた家族の大好きな味!でも忙しい時に限っての急に『から揚げ食べたい!』とか言ってくるワガママ時なんかは…時短アイテムを積極的に使ってイライラ無しにするのもまたアリ!

 

ただでさえアレルギー食は手がかかってるんですもん、上手に手抜きして息抜きも忘れずにです!

 

■買えるところ

 

 

 

スーパーで買える3大アレルゲン不使用冷凍から揚げ>衣も醤油も小麦不使用の徹底ぶり!味の素【やわらか若鶏からあげ】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。