カルディで購入【えごまジャバンのり】は えごま油効果がアトピーっ子おやつに良さげ

店舗を見つけたら不思議と立ち寄ってしまう、魅惑のカルディーコーヒー。

リピートしているお気に入りはもちろん、食品との新しい出会いを求め、お客さんがまるで虫のように店に向かっていきますよね。あの光景をみると、思わずにやけてしまう私もそのひとりなんですが(^_^;)

ヴィレッジヴァンガードやドンキホーテのように、ごちゃごちゃしたディスプレイも、お店側の思惑どおりでくやしいけれど、宝探しみたいでわくわくしちゃいます。

 

そんなカルディコーヒーで、小麦・乳・卵・大豆不使用の韓国のりふりかけを見つけました。

ためしに購入したところ、とても美味しく、子供が奪い合いするほどだったのでレビューします。

 

なにより気に入ったのが、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患に効果があるという、えごま油を使用していること。

気になる方はご覧ください!

 

 

 

小麦・乳・卵・大豆アレルギーOK!えごまジャバンのり 30g

えごまジャバンのり

  • 名称:味付けのり
  • 原材料名:海苔、こめ油、えごま、ごま、えごま油、ぶどう糖、オリーブ油、ごま油、食塩(天日塩)、砂糖
  • 価格:198円(2019年6月時点)
  • 輸入者:株式会社エス・エス・ビー

 

✔アレルゲンとしてごまがあります。
✔原材料の海苔はえび・かにの生息する地域で採取しています。
✔海洋生物等が付着している場合があります。

 

 


えごまジャパンのりって「まるで日韓融合やん」と思いきや、えごまジャバンのり。パンでなくバンでした。

「ジャバンのり」とは、【韓国のりのふりかけ】のことで、韓国のりを天然塩・ごま油・えごま油・砂糖で味付けし、フレーク状にしたもの。

韓国ではご飯のお供に定番で、一般家庭でふつうに食べられているのだそうです。

 

日本で売っている一般的な韓国のりは、個包装のものが多く場所を取るのが難点。

それに比べこのジャバンのりは、フレーク状のりがアルミパウチの中に入ってるから、かさばらず保管に便利。

でも何より一番気に入ったのは、えごま油が使用されていることでした。

 

えごま油は意識高い系の人たちにもはや定番で、「適量を食事にかけて(まぜて)食べる」がセオリーです。

ちなみにオイルで食す場合の適量は、成人で小さじスプーン1杯(1日)です。

 

えごま油の効果はおおまかに下記のとおり

  • 脳の神経細胞を活性化させる →「認知症予防」
  • αリノレン酸の一部が体内でEPAやDHAに変換される →「動脈硬化の予防」
  • 体温調整細胞を活性化する →「脂肪燃焼効果」
  • α-リノレン酸がアトピー性皮膚炎・喘息・花粉症等アレルギー症状を緩和させる →参照:「太田油脂(株)<総説>」

このように、えごま油に含まれるα-リノレン酸については、その効果が学会で発表されており、しっかりとしたエビデンスに基づいているんです。

 

注目したいのは、やはりアレルギーに効果があること。

アレルギーの特効薬を開発したらノーベル賞ものですが、残念ながらまだそんな薬はありません。

けれども、エビデンスのある食品なら手に入りますから、試さぬ手はないですね。

えごまジャバンのり中身

本当はえごま油をかけた食事をとるのが一番なんでしょうけど、好き嫌いのある子供ですからね。

必ず食べてもらうには、この「えごまジャバンのり」がぴったりだなと。

奪い合うくらい取り合ってくれたので、出せばぜったいに食べてくれますから。

 

 

えごま油は注意が必要

えごま油は酸化しやすい油です。

油は酸化すると途端に悪いものになりますから、酸化しないうちに食べきることが必要です。

  • 開封後はかならず冷蔵庫で保管し早めに食べきる
  • 苦みを感じたら酸化のサイン →食べてはいけません
  • 酸化しやすいので熱を加えてはいけません

 

これらは、オイル状のえごま油に関する注意ごとですが、「えごまジャバンのり」もえごま油が使用されているので、同じ感覚で注意が必要と考えます。

ですので、ご飯のお供に食べることにかなり抵抗がありました。

炊きたてのご飯って火傷するほど熱いですから、えごま油を加熱してしまいますよね?

 

だから我が家はおやつとして、そのまま食べました!

食事に出すとおかずを食べない原因にもなりかねませんから、子供にはおやつで食べさせるのがよさそうです。

 

 

 

まとめ&買えるところ

カルディコーヒーで購入した「えごまジャバンのり」をご紹介しました。

小麦・乳・卵・大豆アレルギーでも大丈夫、おまけにえごま油でアトピー性皮膚炎などの改善が期待できます。

 

先述しましたが、えごま油は酸化しやすいため、開封後は冷蔵庫に保管のうえ、早めに食べて下さい。

といっても、すごく美味しいので何日も残ることはまずないでしょう。

炊きたてのご飯に絶対合うと思いますが、酸化したら効果どころか悪影響になってしまいますから、アレっ子のおやつとしてまずはお試しください。

 

買えるところは以下のとおり

 

 

えごま油の効果をオイルで試したい方は、オイル選びは慎重に。安いからと値段で選んではいけません。

その人気ゆえに、α-リノレン酸をあまり含んでいないものや、すでに酸化しているような粗悪品もあるようです(参照:国民生活センター)

購入の際は、信頼のおけるお店で購入するよう気を付けましょう。

日本で初めてえごま油の食用化に成功した(株)太田油脂のえごまオイルはその点安心です。

 

 

 

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です