【焼いておいしいもろこしがんも】は小麦・卵・乳不使用!コーンの甘さが優しい♡

我が家のアレルギーっ子は幸いに大豆アレルギーは無いので、大豆製品は重要なたんぱく源です。なかでもやはり身近で使いやすいのは豆腐でしょう。よほど高級なものを選ばなければ、お値段も手ごろだしアレルギーがあっても無くても主婦にはありがたい存在ですね。

 

牛乳アレルギーだけど代替で豆乳は使えるので、工夫すればシチューやグラタンも作れます。そう思うと、大豆アレルギーっ子のママは私には分からない大変さがあるわけで。できることなら「お互い苦労しますなァ」と日頃の労を讃え合いたいくらいです。

 

今回ご紹介するのは、豆腐が原料の「がんも」。がんもといっても、お子さまが大好きなコーンがたくさん入った、優しい甘さのがんもなんです。もし大豆が大丈夫なら一度はお試しいただきたいし、子供は絶対に好きな味だと断言します!



 

【おとうふ工房いしかわ】焼いて美味しいもろこしがんも

もろこしがんも

 

  • 名称:がんもどき
  • 原材料名:大豆(国産)(遺伝子組み換えでない)、とうもろこし、たまねぎ、植物油脂、粒状・粉末状大豆たんぱく、馬鈴薯澱粉、砂糖、食塩、凝固剤
  • 価格:170円(2018年8月現在)
  • 製造者:(株)おとうふ工房いしかわ

 

✔アレルゲンとして「大豆」があります

 

コープデリでたまに掲載されるので、見つけると必ず注文します。

 

メーカーさんおすすめの食べ方としてはオーブントースターで3分焼き、

  1. ケチャップをつければナゲット風
  2. 生姜醤油でおつまみ風
  3. トマトソース・チーズを乗せて焼けばピザ風

とのこと。反抗的な私はマヨドレをかけてから3分焼き、仕上げに七味を振っています(笑)

もろこしがんも調理例

 

七味の代わりに、人気のハリッサを乗せても美味しかったです。

 

そして肝心のお味ですが、実はもぐもぐごっくんした後、つまり後味がコロッケなんです。嘘じゃないんです。コーンコロッケを食べた後、口の中に油と合わさった甘さが残りますよね?まさにそれなのです!

 

一般的ながんもどきは、人参やひじきが入っていて、本体はお豆腐がスポンジみたいに空洞が多くてお豆腐の味がすると思います。でもこちらの「もろこしがんも」は、とうもろこしと玉ねぎが共に糖度の高い野菜なので、甘いのです。

 

さらにがんもどきは油で揚げてますから、ほらね!後味がコーンコロッケを食べたような味なんです!

 

これなら、がんもが嫌いなお子様でも絶対に食べてくれるはず!お豆腐も納豆も大嫌い!な子にはとてもお勧めです。ちなみに「煮物に使えば味しみが良く、やわらかい食感に仕上がります」とパッケージ裏に書いてあります。

 

超反抗的な私は、煮物には合わないと思っています…。ゴメンナサイ。だって「焼いて美味しい」って自分で言っちゃってるし(笑)



まとめ&買えるところ

「焼いて美味しいもろこしがんも」をご紹介しました。アレルゲンとして大豆があります。大豆アレルギーの方は十分にご注意ください。

 

後味がまるでコーンコロッケ味の不思議な、でも甘くておいしいがんもどきです。大豆製品全般嫌いだというお子様にぜひ、食べてもらいたい一品です。

 

■買えるところ

 

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です