牛乳アレルギー経口免疫療法~自宅で~②

牛乳アレルギーを克服するための経口免疫療法として、乳成分が僅かに含まれているものを食べさせています。

ところが、牛乳やヨーグルトが肌に触れただけでじんましんが出てしまうので、さじ加減が難しい今日この頃。

けれども、かかりつけ医からは、少しづつ摂取するやり方を提案されているし、慣れさせていかないといけません。

自己嫌悪に陥った昨日の話。

家族で行った入浴施設で、風呂上りに行った休憩所を「そろそろ出ようか」と立ち上がった時、次男が「膝になんか付いた」と言いました。

ティッシュで拭くように伝え、その後敷地内のスーパーをうろうろしていると、腫れた目を押さえ泣きながら訴える次男。。。

「あーやってしまった」ホントにダメだな、私。休憩所なんだから、付いたのがアイスクリームとか想像しなければいけないのに。

次男に申し訳ないと落ち込み、さらに乳製品解禁まで先が長いことが証明され、更に落ち込む…。

こんなこと、今まで何回繰り返してきたんだろう。

ふと、思考をすべて停止して何も考えたくなくなるときがあります。
でも、逃げたってどうにもならないから。

また「えいやっ」とやるしかない。

あぁーこれも何回繰り返しただろう。

牛乳アレルギー経口免疫療法:カラムーチョ ホットチリ味

カラムーチョ

  • 名称:スナック菓子
  • 原材料名:馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油、粉糖、たん白加水分解物、オニオン、ガーリックパウダー、食塩、ぶどう糖、唐辛子、香味油/調味料(アミノ酸等)、パプリカ色素、酸味料、香料、香辛料抽出物、甘味料(ステビア、カンゾウ)、(一部に乳製品・小麦・大豆を含む)
  • 製造者:株式会社湖池屋
  • 価格:138円前後(2018年8月現在)

お問合せしたところアレルゲン詳細は下記の通りでした。
たん白加水分解物→大豆
香味油→しょうゆ(小麦・大豆)
香辛料抽出物→大豆
甘味料→乳糖(乳)

ごく少量の乳成分を加工品から摂って慣れさせ、徐々に含まれている量が多い加工品へとシフトし、最終的に牛乳を試そうと考えています。

これは医師に指示されたやり方ではなく、私の独自の方法になります。「こういう人もいるんだ」そのくらいに思ってくださるとうれしいです。

キャベツ太郎に次ぐ食べ物を探して、目を付けたのが「カラムーチョ ホットチリ味」です。

「カラムーチョ」の場合、次男は小麦と乳がひっかかります。
しかし、原材料を見ると、小麦粉の粉そのものを使用している感は無いし、乳そのものも見当たらないので、いけるかなと。

初めてミリ単位の大きさを食べた感想は「旨い!」でした。
あんな少しでよく味が分かったな…と思うくらい、ごく少量から。
15分経過後大丈夫なので、徐々に増やしていき問題なく1枚食べきれました。

翌日から少しづつ増やし、5枚クリアで大丈夫かなと。
以後、カラムーチョのスティックタイプも試しましたがこちらも大丈夫でした。

ちなみにスティックタイプは、チップスタイプと若干原材料が異なりますので、ご注意ください。

スティックカラムーチョ ホットチリ味

  • 原材料:馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油、香辛料(大豆を含む)、砂糖、食塩、チキンエキスパウダー、たん白加水分解物(乳成分・大豆を含む)、ぶどう糖、野菜エキスパウダー(乳成分・大豆・豚肉・ゼラチンを含む)、オリゴ糖/調味料(アミノ酸等)、パプリカ色素、香辛料抽出物、カラメル色素、香料

我が家に関していえば、乳製品の経口免疫療法ならばスティックタイプの方が適しているみたいです。(チップスの方は克服したい乳がごく微量みたいなので)

100円ショップで、4連袋のスティックカラムーチョを見かけたので、今後はそれを購入しようかなと思っています!

普通に何事もなく食べきることが出来て、良かったです。
ただ、クリアすれば次の課題食品を探さないといけません。
息子のため、アンテナを張って探したいと思います!

買えるところ

カラムーチョはどこでも買えますので、4連袋のスティックタイプのみ書いておきます。
我が家の近所では100円ショップがコスパ最強のようです。

  • 100円ショップ(ダイソー、セリア)(売り切れも多い)
  • カワチ薬局(ちょっと高め)(品切れは無い)
  • 大手スーパーなど

【心ばかりですが…おまけつきます☆】湖池屋4連スティックカラムーチョホットチリ52g×12袋入

価格:1,680円
(2018/9/3 17:29時点)
感想(0件)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です