小麦アレルギーOK!グルテンフリーパスタ

 

グルテンフリーブームのおかげで、アレルギーっ子が食べられるグルテンフリーパスタがひと昔前より、はるかに手に入りやすくなりました。

パスタの本場イタリアでも、グルテンにアレルギーを持つ人が増加傾向で、今ではごく普通のスーパーでグルテンフリー商品が買えるそうですよ。

まだ日本ではそこまでじゃないけど、小麦アレルギーは同じように増加しています。
近い将来小売りでも外食でも、グルテンフリー商品の供給は拡大しそうです。

グルテンフリーパスタが増えてうれしいのですが、正直なかには、パスタと呼べないものも。
特に米粉のみで作られたものは、パスタとは遠いなぁと思う商品が多いかもです。

コンタミのない工場で製造してくれて、非常にありがたいのですが「本物を食べることができた時に、味のギャップが少ない」ことに重きを置いているので、うどんみたいに真っ白い見た目も、味もパスタとは言い難い。

本物のパスタと変わらない美味しさで言えば、原材料にとうもろこし粉を使用したもの。
見た目も味も本物パスタに近いです。とうもろこし粉すごい!
大きく違うのはお値段のみ。はい、やはり値段は高いです…。

いくつか利用させてもらっているパスタがありますが、今回ご紹介するのは第一弾。
コストパフォーマンスが一番良い商品です。
私はカルディコーヒーで購入しています。

 

小麦アレルギーOK!:グルテンフリーパスタ 454g【カルディコーヒー】

パスタグルテンフリー1

  • 名称:パスタ
  • 原材料名:とうもろこし粉、米粉/乳化剤
  • 内容量:454g
  • ゆで時間:8分
  • 価格:454円(2018年7月現在)
  • 輸入者:日本製麻(株)ボルカノ食品事業部

 


普通のパスタとゆでる前から見た目そっくりです。
じっくり見るとグルテンフリーパスタのほうが透明感がありますが、茹でた後は分かりづらいです。
提供を絶対に間違えないように肝に銘じましょう。

最近レンジでパスタ調理できる調理器具がありますが、グルテンフリーパスタはやめた方が賢明です。(失敗した経験あり)
お鍋で普通に茹でましょう。

次男にのみグルテンフリーパスタを提供している我が家は、家族同時に食べることを諦めています。
先に次男のパスタを茹で調理してから小麦のパスタを茹で始めます。
出来たてを食べて欲しいから先に食べさせちゃいます。仕方ないですね。

 

グルテンフリーパスタ1調理例

 

キャベツとベーコンのペペロンチーノを作りました。
麺の感じが伝わるといいのですが。
具に使ったベーコンはこちらのものです。
>>卵・乳アレルギーOK!保存に便利なカット済み冷凍ベーコン

 

今のところ、我が家では3種類のパスタを使用していますが、個人的な味の順位は3位です。
若干ぽそぽそ感があるので、この商品は少し長めに茹でるのが美味しく食べるコツだと思っています。

好みがあると思うので、初めは30秒から伸ばしてみて下さい。
絶妙な茹で時間を見つけられたらめっけもんですよ。

順位は3位ですが、麺好きで週1回はパスタを食べたい、なんて無類の麺好きにこのお値段は有難いです。
1g1円ですから、分かりやすいお値段ですね!(カルディコーヒーの場合)

 

 

まとめ&買えるところ

小麦アレルギーでも安心して食べられるグルテンフリーパスタをご紹介しました(第一弾)
米粉のみで作られたものと違って、見た目も味も小麦のパスタに近いです。
提供し間違えないように重々ご注意くださいね!
さらにグルテンフリーパスタの中ではお求めやすいお値段も魅力的です。

そんなグルテンフリーパスタを買えるのは下記の通り。
私はカルディコーヒーで買いますが楽天市場でも買えます。
(取扱の有無は各店舗にお問合せ下さい)
今購入しているパスタに不満があったら参考にしてください。

 

 

ボルカノ Si グルテンフリーパスタ ペンネリガーテ 454g

価格:540円
(2018/8/3 18:08時点)
感想(0件)

 

 

ボルカノ Si グルテンフリーパスタ フジッリ 454g

価格:540円
(2018/8/3 18:09時点)
感想(0件)

 

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です