【カルディ】で買えるお得なグルテンフリーパスタ『Pasta Si 』

グルテンフリーブームのおかげで、小麦アレルギーでも食べられるグルテンフリーパスタがひと昔前より、はるかに手に入りやすくなりました。パスタの本場イタリアでも、グルテンにアレルギーを持つ人が増加傾向で、ごく普通のスーパーでグルテンフリー商品が買えるのはあたりまえなのだそう。

 

そして日本でも小麦アレルギーは同じように増加していて、大人になってから小麦アレルギーを発症する人もいます。さらに増え続ける外国人観光客のためにも、小売りでも外食でもグルテンフリー商品の供給が拡大しつつあるのは、食品売り場を見れば一目瞭然です。

 

かくいうわが家も息子が小麦アレルギーのため、いくつか利用させてもらっているパスタがありますが、今回ご紹介するのはカルディコーヒーで買えるもの。市販のグルテンフリーパスタの中では、コストパフォーマンスがかなり良い商品です。



【カルディコーヒー】Si グルテンフリースパゲッティ 454g

Siパスタ

 

  • 名称:パスタ
  • 原材料名:とうもろこし粉、米粉/乳化剤
  • 内容量:454g
  • ゆで時間:10~12分
  • 購入価格:490円(2021年4月時点)
  • 輸入者:日本製麻(株)ボルカノ食品事業部
  • 原産国:イタリア

Siパスタ原材料

グルテンフリーパスタは大きく分けて米粉から作られたもの、とうもろこし粉から作られたもの、さらに両方から作られたものに大別できますが、Siグルテンフリースパゲティはとうもろこし粉+米粉の両方から作られたグルテンフリーパスタです。

 

このパスタはつるつるしていて食感がよく、最近スーパーでよく見かけるものよりずっと美味しく感じます。今までで一番おいしいと思ったグルテンフリーパスタはバリラ グルテンフリースパゲティですが、日本では値段がとても高くめったに買えません。

 

Siグルテンフリースパゲティはそのバリラにかなり近いお味だし、何より買いやすい値段なのでカルディコーヒーへ行った際はいくつかまとめ買いするようにしています。

 

通常のパスタと色みが似ていますから、小麦アレルギー用に使うのはもってこいかなと思います。わが家もそうですが、給食が食べられずお弁当を持参されているご家庭の場合、給食メニューと同じような見た目を提供してあげたいと思いますよね?

 

なかには周りの子と違うことにストレスやプレッシャーを強く感じるお子さんもいらっしゃいます。そもそも給食を食べられない時点で本人にとってかなりつらい状況だという場合もありますから「せめて給食メニューとそっくりに作りたい」そんな場合はもってこいだと思います。

 

グルテンフリーパスタをおいしく茹でる方法

グルテンフリーパスタをおいしく食べるために、ゆで方が大事だとこのサイトでは何度も書いているのですが、グルテンフリーパスタは

  1. 少し長めにゆでる(+30秒から様子見)
  2. ゆでた後は水洗いする

この2点に尽きます!

 

【Si グルテンフリースパゲティ】の標準ゆで時間は10~12分。わたしはゆで時間11分に設定しています。他のパスタと同様でたっぷりの鍋に湯を沸かし塩を入れます。パスタ投入後はパスタ同士くっつかないよう、菜箸等でかき混ぜましょう。

 

そしてゆであがったらザルにあけ、水洗いします。少しぬめりを取るように何度か水を替え、水きりすれば完了です。その後レトルトのソースをかける場合は熱湯を回しかけ温めなおし、フライパン等で調理する場合はそのまま投入します。

 

この水洗いをするとしないとでは、パスタの出来上がりに大分差が出ますので、必ず入れたい調理工程のひとつです。もし面倒くさいと思う方はまずは水洗いせずに食べてみてください。食感とか気にならなければ、そのまま食べていいですし、何かちょっと…と感じたならば、水洗いの工程をお試しください。

 

要はおいしく食べられればそれでいいのですから(^^)

 

【Si グルテンフリースパゲティ】調理例

グルテンフリーパスタ1調理例

キャベツとベーコンのペペロンチーノを作りました。具に使ったベーコンは生協の冷凍ベーコン、ペペロンチーノの素は愛用しているキューピーのものです。

 

 

ほかにこのパスタに合うと思うのが『明太子パスタ』です。鍋に豆乳・ほぐした明太子・コンソメを入れ醤油も少々。仕上げに細く切った海苔を散らせば完成する、超簡単メニュー✨鍋で火が通るので、ゆで時間は気持ち短めでやってみてください。



まとめ&買えるところ

カルディコーヒーで購入できるグルテンフリーパスタ、【Si グルテンフリースパゲティ】でした。国内で買えるグルテンフリーパスタの中では、お求めやすいお値段が魅力的です。

 

ひと袋400g以上入っているので、4人家族のわが家は一度にひと袋ゆでてしまい、2つの味に調理して食べています!デュラムセモリナ粉のパスタを食べ慣れた私たちも美味しく食べています。

 

ただし注意点があります。とうもろこし粉から作られたパスタは、乾麺の状態だと普通のパスタと見た目がそっくりです。じっくり見るとグルテンフリーパスタのほうが透明感がありますが、茹でた後は分かりづらいです。

 

ですから家庭内でグルテンフリーのものとそうでないものを食べる場合、提供を絶対に間違えないよう注意が必要です。

 

注意と言えばもうひとつ。最近パスタをレンジで調理できる調理器具がありますが、グルテンフリーパスタはやめた方が賢明です。試しましたが上手にできなかったので、お鍋で普通に茹でる方をおすすめします。

 

■買えるところ

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です