卵・乳アレルギーOK! 卵白不使用冷凍ベーコン

加工肉の画像

出番としては「ちょっと使いたい」という時がほとんどの「ベーコン」。

そんなとき、カット済みで冷凍のベーコンがすごく便利なんです。

ご紹介するのは生協co-opの「ベーコン」。

ちょっと使いできて、なおかつ保存もしやすい便利なカット済み冷凍ベーコンは、もちろん卵白不使用・乳不使用です。

 

 

 

卵・乳アレルギーOK!:co-op 料理用カットベーコン 200g

料理用カットベーコン

  • 名称:無塩せきベーコン(スライス)
  • 原材料名:豚ばら肉、糖類(水あめ、ぶどう糖、砂糖)、大豆たんぱく(遺伝子組み換えでない)、食塩、酵母エキス、香辛料、たん白加水分解物、かつおぶしエキス/ph調整剤(クエン酸Na)、調味料(アミノ酸、核酸)、焼成Ca、香辛料抽出物
  • 販売者:日本生活協同組合連合会

 

✔原材料に豚肉・大豆が含まれています。



 

ハムやベーコン・ソーセージなどの加工肉って、なぜ卵白使用のものが多いかご存知ですか?

それは、卵白には食感をよくする効果があるから。さらに見た目が艶やかになる効果もあるからです。

食物アレルギーっ子がいる場合、選ぶベーコンは見た目では選びませんが、卵白とか乳とか使われていないものを選ばないとなので、スーパーで買うとなかなか高いお値段になってしまいます。

鎌倉ハムとかおいしいし高品質だけど、すごく高いですよね。

 

co-opのベーコンは保存に便利な冷凍ベーコン。

細菌が生存できないマイナス18℃以下で保存する冷凍食品だから、保存料は不使用です。

さらにカット済みのため、必要量を手で触ることなくフライパンにダイレクト・インできます。

長いベーコンをカットして使うと、手も包丁もまな板も脂でベタベタになりますが、このベーコンならばどこも汚れません。

そして残りはまた冷凍保存できるという、めちゃめちゃ便利なベーコンなのです。

高品質でこんなに使い勝手の良いベーコンが、200g入り400円前後というお値段は、かなりお買い得だと思いますがいかがでしょうか?。

 

ところで、このベーコン。

カットされていますが、何枚かはくっついたまま冷凍され塊があったりします。

けれども火を通せば溶けてほぐれますから、解凍しなくても使えます。フライパンでも鍋でも凍ったまま入れちゃいます。

 

この冷凍ベーコンは、コープデリのカタログに定期的に掲載されています。

肉が無くてもベーコンがあれば何とか料理はできますから、私は忘れず購入して、常に冷凍庫のレギュラーにしています。

 

 

 

まとめ&買えるところ

卵アレルギーでも安心して使える卵白不使用のベーコン「coop料理用カットベーコン」をご紹介しました。
冷凍でカット済みだから、ちょっと使いできる便利なベーコンです。

我が家では必ず冷凍庫に常備している必需品で、無いと不安になりますね。

 

購入するには生協への加入が必要ですが、お近くにco-opの店舗があれば取り扱いしているかお問合せを。

 

買えるところ

 

 

 

 

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です