卵・乳アレルギーOK!保存に便利なカット済み冷凍ベーコン

加工肉の画像

ハムやベーコン・ソーセージなどの加工肉って、なぜ卵白を使用しているものが多いのでしょうか?

それは、卵白には食感をよくする効果があるから。
見た目が艶やかになる効果もあるそうです。

食物アレルギーっ子の場合は見た目なんかで選びませんけども。
いろいろ使われていないものを選ばないといけないので、もし見た目で選ぶなら発色が悪く、艶のないマットなものになります。
そして使っている原材料の種類は少ないのに、けっこう高いお値段になります。

鎌倉ハムは安心して買えるものが多いです。
お値段は高いですけど。

頑張っているなぁと思うのが日本ハムさんです。
アレルギー表示が明確で、一番分かりやすいですね。

日本ハムのシャウエッセンは無塩せきではないですが、特定原材料7品目は使用していません。
また、アレルギー家族にはおなじみ「みんなの食卓」シリーズも日本ハムさんです。
(「みんなの食卓」についてはまた後日記事アップします。)

今回は加工肉のうち「ベーコン」をご紹介します。

鎌倉ハムでも日本ハムでもありません、生協コープデリの商品です。
出番としては「ちょっと使いたい」という時がほんとんどの「ベーコン」。
ちょっと使いできて、なおかつ保存もしやすい便利なベーコンです。

 

 

卵・乳アレルギーOK!:coop 料理用カットベーコン 200g

料理用カットベーコン

  • 名称:無塩せきベーコン(スライス)
  • 原材料名:豚ばら肉、糖類(水あめ、ぶどう糖、砂糖)、大豆たんぱく(遺伝子組み換えでない)、食塩、酵母エキス、香辛料、たん白加水分解物、かつおぶしエキス/ph調整剤(クエン酸Na)、調味料(アミノ酸、核酸)、焼成Ca、香辛料抽出物
  • 販売者:日本生活協同組合連合会
  • 価格:398円(2018年7月現在)

原材料に豚肉・大豆が含まれています。
豚肉・大豆にアレルギーがある方はご注意ください。

 

 

こちらは保存に便利な冷凍になります。
そしてカット済みのため、必要量をフライパンにダイレクト・インし、残りはまた冷凍保存できるというめちゃめちゃ便利なベーコンなのです。

ちょっと使いしたくて購入したベーコン、4枚くらいしか入ってないですけど余る時ありますよね。

「全部入れちゃえ」と思っても、ベーコンは入れ過ぎると脂っぽくしつこい味になりますから、たいてい余るんですよね(*_*)
そうすると、余ったベーコンを使いたくてレシピ検索しなくてはいけないし、無塩せきだと開封後はすぐに使わないとだし、何かと不便です。

その点このベーコンは冷凍ですから、必要量を取出した後は封をして冷凍庫に戻すだけで非常にスマート。

 

このベーコンはコープデリのカタログに定期的に掲載されます。
カタログに出たら必ず購入することで、常に冷凍庫のレギュラーでいてくれます。

このベーコンはカットされていますが、1枚1枚バラバラになっているわけではありません。
何枚かはくっついたまま冷凍されており、塊があったりします。
ですが全く無問題です。
ポトフやシチューなどスープに使うときは、凍ったまま鍋に入れて大丈夫です。
パスタや炒め物に使うときは以下の通りやれば上手くいきます!

  1. フライパンに油を入れ弱火であたためる
  2. 凍ったままのベーコンを投入
  3. 温まってくると塊のベーコンがばらけるように
  4. 菜箸などではがし、1枚1枚油で両面じっくり焼く
  5. こんがりと焼き色が付き脂が出てきたらOK

あとはメニューに応じて取り出したりそのまま調理してください。
温まりばらけた後の調理は通常の冷蔵ベーコンと変わらないです。

 

 

 

まとめ&買えるところ

卵アレルギーでも安心して使える卵白不使用のベーコン「coop料理用カットベーコン」をご紹介しました。
冷凍でカット済みだから、ちょっと使いできる便利なベーコンです。

我が家では必ず冷凍庫に常備している必需品で、無いと不安になりますね。
購入するには生協への加入が必要ですが、お近くにcoopの店舗があれば取り扱いしているかもしれません。
早速お問い合わせしましょう!

 

 

 

 

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です