【豆乳もち】卵・乳アレルギーでもOK!プリンみたいなデザート

卵や牛乳にアレルギーがあると、プリンは食べられません。特に卵アレルギーは完全解禁まで道のりが遠く、経口療法で完全に火を通した卵は食べることができるようになっても「半生であるプリンはまだ無理」といったお子さんはとても多いと思います。

 

我が家の長男も、いまだプリンをはじめマヨネーズ、茶わん蒸し、カスダードクリームは食べられません。だからといって、いつもゼリーではちょっと可哀相ですよね。

 

そこでプリンの代わりとして実力充分、甘くてもちもちしたスイーツを発見しましたので、ぜひご紹介させて下さい。



【平川屋】豆乳もち 100g×2

豆乳もち

 

  • 名称:豆乳もち
  • 製造者:(有)平川食品工業
  • 原材料:豆乳もち 【大豆(佐賀県産)(遺伝子組み換えでない)、澱粉、砂糖、食塩/加工澱粉】、黒蜜【水あめ、果糖ぶどう糖液糖、黒蜜糖、砂糖(上白糖)、黒砂糖/カラメル色素、酸味料】、黄粉【ぶどう糖、大豆(遺伝子組み換えでない)、砂糖、食塩】
  • 価格:298円(購入時期2018年6月)

 

✔アレルゲンとして「大豆」があります

豆乳もち原材料

生協パルシステムのカタログで発見し購入しました。生協の宅配パルシステムは長男が0歳児から加入し、お世話になっています。

 

パルシステムはメインカタログ「コトコト」の他に、赤ちゃん向け「yumyum]、アレルギー製品を扱う「ぷれーんぺいじ」等があります。
今回注文した「豆乳もち」はメインカタログ「コトコト」に掲載されていました。

 

製造元の(有)平川食品工業さんは、佐賀県で昭和25年創業、お豆腐をメインとした食品を製造されている会社です。屋号は「佐嘉 平川屋」で、嬉野市にお食事と店頭販売のある店舗があります。

 

さっそく盛り付けてみました!

豆乳もち盛り付け例

お皿に豆乳もちを投入、附属のきなこと黒蜜をかけました。触ってないのに分かります!つきたてのお餅のようにもっちもち。(ただし容器からお皿に移すのに、1分くらいかかりました💦)

 

平川食品工業さんのホームページによると、商品のラインナップに「もっちりシリーズ 呉どうふ」という商品があります。こちらの商品の説明に、“ 豆乳ににがりを入れると豆腐になりますが、にがりの代わりに澱粉を溶かし練りこんだものが呉どうふ、プリンのような光沢とお餅のような歯ごたえが特徴 ” と書いてありました。

 

原材料から考えると、「豆乳もち」は「もっちりシリーズ 呉どうふ」とほぼ同じだと言えそうです。

 

食感はお餅のよう、触感はプリンのよう、味は甘くて和菓子好きならたまらない味、でした!きなこと黒蜜をかけていただく和菓子(信玄餅、わらび餅、くず餅など)が好きな方は、絶対に好きだと断言しちゃいます。

 

食物アレルギー兄弟の食べた感想はというと、甘いもの好きの兄はどストライク「また買って!」弟はもともとゼリー系のお菓子が得意ではなく、好みではないとのこと。

 

アレルギーが多い弟の食べられる食品を増やしたいので残念ですが、母と兄のおやつとして、カタログに登場した際はまた購入したいと思います。



まとめ&買えるところ

卵・牛乳アレルギーのお子さんにおすすめ、プリンのように甘くもちもちした実力をもつスイーツ「豆乳もち」でした!

 

プリンの代わりとしてゼリーばかり選んでしまう、というお悩みの方はぜひ食べてみてください。

 

本当は近所のスーパーでいつでも買えたらいいのですが、今のところ購入できるところは、下記のとおりです。他にも買えるところが見つかりましたら、随時追記していきます!

■買えるところ

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です