【骨キッズカルシウム】はミロが飲めない乳アレルギーOK!特定原材料7品目不使用!

『生まれてきてくれただけでありがとう』と生誕した奇跡に感動し、それだけでもう満足と言っていられたのは我が子が幼いころまで。すくすくと育っていればいいはずなのに、周りの子と成長を比べしまったり、はたまたアレルギーが判明し悲しみにくれたり…。

 

心配事があれこれ出てくるたび、親たちはネットで情報検索したり東奔西走!まぁそれも愛する子どもに、なるべく毎日楽しく健康に過ごしてほしいと切に願っているだけなのですけどね。

 

なかでも気になるのはやはり成長のこと。健康診断の結果を見ると、どうしても平均値と比べてしまいがちです。いたって健康なはずなのに平均値と比べ、漠然と不安になったり…。もっと大きく丈夫に育ってほしい!エゴ全開でも、やはりそう思ってしまいますよね。

 

そこで登場するのが「ミロ」のような、カルシウムに加え様々な栄養が手軽に美味しく摂れる食品。牛乳に溶かせばおいしいココア風味のドリンクなので、おやつと一緒に飲んでね!と勧めやすいのが魅力的。『とりあえずミロ飲ませとけば安心♪』こう思う親御さんもまた、ミロを飲んで育ってきた世代なのではないでしょうか。

 

がしかし。今では世界中で選ばれてる「ミロ」だけど、原材料にのアレルゲンがあります(大豆もあります)。そう、乳アレルギーの子は「ミロ」を飲めないのです。牛乳を豆乳に変えても、アーモンドミルクに変えても、ミロを飲むことはできません。

 

でも大丈夫!特定原材料7品目不使用の「ミロ」のような商品があるのです。今回はそのミロのような商品をご紹介。わが息子は大好きなアーモンドミルクに溶かし、1日3回飲んでいるお気に入りです。(1日のメーカー推奨量はコップ2杯です)



【ファイン】骨キッズカルシウム 140g

骨キッズカルシウム

  • 名称:カルシウム含有加工食品
  • 原材料名:下記画像参照
  • 製造者:株式会社ファイン

 

骨キッズカルシウム原材料

 

骨キッズカルシウムアレルゲ一覧

 

✔アレルゲンとして「大豆」があります
✔コンタミ情報として「卵」「乳」「小麦」があります

 

【骨キッズカルシウム】はカルシウム含有食品です。「ミロ」のように特定保健用食品ではありません。けれどもサプリや健康食品で有名な会社が製造してますので、そこは安心できるかと思います。

 

さて、乳アレルギーの子は牛乳はもちろん、ヨーグルトも食べられないし、ヤクルトも飲めません。体にいいとか腸にいいものは、乳製品であることが多いのが現実です。

 

そのため、乳アレルギーの人は他の食品から栄養を摂らないといけないのですが、はたしてちゃんと栄養が足りてるのか、すごく不安ですよね。実際わが息子、短距離走や鬼ごっこのように〝急にダッシュ〟すると頭痛がしたり具合が悪くなる時があったんです。

 

もしかして鉄分不足かな?と、アレルゲンの無いチュアブルタイプの鉄サプリメントを食べさせました。でも、味が気に入らなくてすぐに食べなくなってしまいまして。。どうしようかと悩んでいたとき、この【骨キッズカルシウム】に出会ったのです。

 

欲しかった鉄分だけでなく、成長に欠かせないビタミン類にカルシウムも配合されているなんてお得!なにより乳アレルギーでも飲める特定原材料7品目不使用だったので、これは買いだと即決でした。

 

飲ませてみたところ「めっちゃおいしい!」ということで、ほっと一安心。息子でも飲める「ミロのような物」、乳アレルギーでもゲットできました。



ミロより飲みやすい味

骨キッズカルシウム調理例

息子はミロを飲んだことがないので、子どもの頃ミロを飲んでいたわたしの感想です。

 

実はそんなにミロが得意ではなかった子どもの頃のわたしです…。おそらく麦芽の味が苦手だったようで、ココア風味だったけどココアじゃない味のミロは微妙でした。でも、飲めない程嫌いではなかったし、背が低いのが気になっていたのでたまに飲んではいました。

 

そんな思い出を振り返りつつ飲んだ【骨キッズカルシウム】、ほぼココア系チョコレートドリンクでした笑 わが家は牛乳をほとんど買わないため、豆乳とアーモンドミルクで飲みましたが、それでもミロよりココア風味に近かったですね。おそらく牛乳で飲んだらもっと、だったかもしれません。

 

わたしと同じようにミロが苦手という少数派のかた、骨キッズカルシウムを試してみてもいいかもしれません。



豆乳・アーモンドミルクは甘くない方を!

アーモンドミルクと調整豆乳

 

牛乳で飲む場合は問題ありませんが、豆乳・アーモンドミルクで飲む場合は甘くないものを選びましょう。

 

【骨キッズカルシウム】は甘味料が入っていますから、豆乳は『無調整豆乳』をアーモンドミルクは『砂糖不使用』を選びましょう。

 

「調整豆乳」「オリジナル」「フレーバー付き」は砂糖が入っています。飲めないことはありませんが、かなり甘くなりますから注意したいところです。

 

溶けにくさはマドラーで解消

小さいマドラー

『冷たい牛乳にもサッと溶けます』という文言をあまり信用していない世代なので、これが書いてあろうがなかろうが、ミルクに溶かす粉系はすんなり溶けないものだと脳内インプットされています。

 

それでも最初はスプーンで試しますが思った通り。粉末がまるでアメンボが水に浮かぶ原理のように浮かんでいますがこれは想定内です。

 

次に「レンジで10秒温め」または「少量の湯で溶く」のやり方で、たいていの人は溶かすことができ、フィニッシュです。けれどもわたしはこのやり方は好きではありません。

 

理由は【骨キッズカルシウム】がわりと甘いので、中途半端に温めを入れると味がぼけてしまうからです。冷たいからちょうどいい甘さでグイグイ飲めますから、少しでも温度を上げたくないのです。

 

というわけで、溶けにくさ解消のために『泡だて器形状の小さいマドラー』の使用をおすすめします。いろいろ試したなかで、混ぜるに特化したこの形が一番溶けやすいと感じました。コップの中でくるくるしてればいつの間にか溶けて、液体と混ざりあっています。ちなみに7割がた溶ければ飲み頃と思っています!

 

このマドラーは百円ショップで買えますので、ひとつ持ってると便利かと思います。液体にはちみつを溶かすときや、マヨネーズに調味料を加え混ぜる時にも便利で使っています。



まとめ&買えるところ

乳アレルギーでも飲めるカルシウム含有食品【骨キッズカルシウム】でした!

 

ミロのように、商品そのものに乳が含まれていませんから、「乳アレルギーだけどミロみたいな飲み物を子どもに飲ませたい!」と願う親御さんにもってこいじゃないかなと思います。実際わたしは「もってこいな商品」でした!

 

豆乳やアーモンドミルクには甘くないものを選び、溶けにくさをカバーするアイテムもぜひ使ってみてください。

 

■買えるところ

製造元の(株)ファインオンラインショップでは、まめにセールを実施しており【骨キッズカルシウム】もたまにお買い得になっています。また、amazon定期便対象商品ですので、定期便に登録するとお安く購入できます。わが家は他にも定期便を利用しているため15%オフで購入しています。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です