【そのまま食べられる お米でつくったシート】加熱要らずの簡単調理!

食物アレルギーでも食べられる新たな食品探し中のスーパーで、素敵な商品を発見しました!まるでソフトタコス(トルティーヤ)のように火を通さずそのまま食べられる米粉のシートです。

 

水で戻した生春巻きの皮ではそんなことはできませんが、発見したお米のシートではそれが出来ちゃいます。そんな画期的な商品をご紹介します。



【井辻食産】そのまま食べられるお米で作ったシート 6枚入

そのまま食べられるお米で作ったシート

  • 名称:米粉シート(生)
  • 原材料名:米粉(国内製造)、還元水あめ、植物油脂、麺用加工油脂(還元水あめ、植物油脂)、食塩、含水結晶ぶどう糖/加工でん粉、酒精、ソルビット、ショ糖エステル、pH調整剤
  • 購入時価格:213円(税込)(2021年10月時点)
  • 製造者:井辻食産株式会社

 

✔米粉専用工場で生産されています

そのまま食べられるお米で作ったシート原材料名

スーパーで見かけたこちら【そのまま食べられる お米でつくったシート】は、文字の通りライスペーパーのように水戻しする必要がありません。1枚づつそっとはがし、具材を包めばそのまま食べられるという便利なシートです。

 

一見、小麦で作られた春巻きの皮に見えますが、100%米粉のグルテンフリーなので小麦アレルギーでも大丈夫。米粉専用工場で作られているため、コンタミネーションの心配もありません。

 

お米でつくったシートにはこれといった味付けはされていません。原材料から味がするものと言えば米粉と食塩だけなので、シート自体は『お米の味があるなぁ』というくらい。ですから中に包む具材の味を邪魔しません。

 

なのでパッケージ画像のようにお料理全般に使えるし、いちごやキウイなどのフルーツとギルトフリーアイスや豆乳ホイップを包んでクレープのように使うのもいいと思います。



具材の水分・油分はなるべく少なく!

そのまま食べられるお米で作ったシート調理例千切りキャベツとしょうが焼きを巻いてみました。キャベツの水分はしっかり取ったつもりが、時間が経ったものは皮がすこし破けてしまいました。野菜の水分はしっかり取ったのですが、しょうが焼きの油分を気にしてなかった&時間が経ちすぎたことが破れた原因のようです。

 

包む前に水分と油分をなるべく取ること。そして食べるまで時間があるならば直前に包むか、手巻きずしのように巻いたそばから食べるといった工夫をすれば破けることなく、上手にできると思います。

 

でもこの「巻いて食べる」っていうもの、子どもは大好きですねぇ。息子たちの嬉しそうなテンション見ていたら、こっちまで幸せな気分になります。そんなわが家、6枚じゃ全然足りませんでした笑 もう少し枚数があると嬉しいです。

 

お米の皮(春巻用)との違い

 

ところで販売元の「井辻食産」には、【お米の皮(春巻用)】 という商品があります。春巻用の皮は生の状態である餃子の皮と違い、火が通っているのが普通です。

 

あまり見かけない【お米でつくったシート】は【お米の皮(春巻用)】で代用できるんじゃないかと、井辻食産さんにお問合せしました。そして以下のようにご返答いただきました。

 

『それぞれ製造工程は同様ですが、原材料が一部異なっており、口当たりなどが違います。【お米の皮(春巻用)】はそのまま食べられない事もありませんが、噛みずらい・噛み切れない等の不具合が生じる可能性があります。揚げるなど加熱をして召し上がってください。(抜粋・要約)

 

とご丁寧に回答してくださいました。確かに【お米の皮(春巻用)】と違い、【お米でつくったシート】は少し厚みがあり、口当たりはやわらかいです!大きな口で頬張ってもすぐに噛み切れるし、喉に張り付きにくいということがよく分かります(それでも喉の奥に詰まらないよう注意!)

 

お米でつくったシートは食べたときの食感や、安全に食べられることをちゃんと考えられた奥が深い商品でした。



まとめ&買えるところ

井辻食産の【そのまま食べられる お米でつくったシート】でした!

 

子どもが大好きな『包んで食べる』を楽しめる100%お米から作られたシートは、小麦アレルギーやグルテンフリー生活をしている人にぴったり。小麦が食べられない人が手に持って自分で包めるのは海苔かレタスくらいでしょう。

 

そう思うとこの商品、かなり画期的だと思いますがいかがでしょう?

 

皮が破けないように包む具材の水分・油分に気をつけ、食べる直前または手巻きずしのように巻いたそばから食べることをおすすめします。内容量が6枚と少ないので、食べる人数に合わせて用意したほうがいいでしょう。

 

■買えるところ

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です