【尾西のライスクッキー】やさしいココナッツ風味でさっくり軽い米粉クッキーは非常食にも◎

いつも行くスーパーで見つけたライスクッキー。購入して食べたところ軽くて食べやすい美味しいクッキーでした。

 

小麦アレルギーの息子も気に入り、買いやすいお値段でわたしも気に入り大満足✨やさしいココナッツ風味のライスクッキーをご紹介します。小麦アレルギーはもちろん、グルテンフリーダイエットにもおすすめのクッキーです。



【尾西食品】アレルギー物質27品目不使用 尾西のライスクッキー 8枚入

ライスクッキー

  • 名称:焼菓子
  • 原材料名:米粉(新潟県産)、ライスショートニング(米油)、砂糖、加糖ココナッツピューレ、アーモンドプードル、発酵調味料(米、塩)ココナッツファイン
  • 購入時価格:214円(税込)(2021年6月時点)
  • 販売者:尾西食品(株)

 

✔特定原材料27品目不使用
✔アーモンドを使用しています

ライスクッキー原材料

ほんのりココナッツ風味がするクッキーが8枚入っています。さっくり軽い口どけの良いクッキーで食べやすくておいしい!クッキーといえばマイセンの玄米クッキー一辺倒だった息子もこれはおいしいと、販売しているスーパーに行くたび欲しがります。

 

ココナッツの風味はそんなに強くないから、苦手な人でもこれは食べられそうな気がします。逆にココナッツが大好きな人はかなりお好きな味だと思う反面、ココナッツが物足りないかもしれません。

 

米粉のクッキーは食べたことがある人はわかると思いますが、さっくり軽いのが特徴です。

 

わたしは小麦否定者でもないし米粉推進者でもないのですが、息子の小麦アレルギーで他の人より米粉から作られた食品を食べる機会はかなり多いと思っています。初めて買ったものは必ずわたしが味見しますし。

 

そうしてきた中で、小麦より米粉の方が美味しいと強く思ったのが実はクッキーなのです。

ライスクッキー中身

通常はやわらかくしたバターに小麦粉や砂糖を混ぜこんでいくクッキー。動物性のバターにグルテンのある小麦ですから、こう書いているだけでも重いなーと思ってしまいます。

 

対して米粉のクッキーは、米粉で作る時点でアレルゲンを考慮されていることから、動物性のバターではなく植物性の油脂が使われます。そして日本人に食べ慣れた米(米粉)ですから、食べやすいのは当然かもしれません。

 

長期保存可能で災害用の非常食にも

ライスクッキーを販売するのは、非常食のアルファ米で有名な尾西食品(株)です。アルファ米とは水やお湯を入れるだけでご飯が食べられるというあれです。わが家の非常持出袋にも尾西食品(株)のアルファ米ご飯シリーズが入っています。

 

食物アレルギーがあると災害時一番気になるのは食事ですから、長期保存できるアルファ米ご飯シリーズを備えておけば非常に安心感があります。このアルファ米ご飯シリーズ、五目御飯やドライカレーなど11種類あるのですが、アレルゲンがあるのはそのうち「チキンライス」「エビピラフ」「松茸ごはん」だけ。

 

アレルギー表示が分かりやすいし、他の8つは選べるという点でもかなり気に入っています。

 

さて、そんな非常食で有名な会社は、非常食の延長でアレルギー対応食品にも力を入れています。アレルギー対応食品は専用工場で製造され、アーモンドを使うライスクッキーに関してはライスクッキー専用工場で製造されているから、消費者からするとすごく安心です。

 

そしてライスクッキーもまたアルファ米と同じ長期保存が可能で、購入したのは2021年6月ですが、賞味期限は2025年11月というロングランでした。アルファ米と一緒にこのライスクッキーも非常持出袋に常備し、おやつも万全に備えておきましょう。



まとめ&買えるところ

尾西食品(株)のアレルギー物質27品目不使用【尾西のライスクッキー】でした!

 

ココナッツ風味がほんのり香る、さっくり軽くて食べやすいライスクッキーです。アレルギー対応食品としては買いやすいお値段も魅力的かなと思います。売り場にはココナッツ風味のほかいちご味もありました!

 

いつものおやつにはもちろん、長期保存が可能だから、これから必ず来ると言われている南海トラフ地震や富士山大噴火に備え、備蓄しておきましょう!

 

■買えるところ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です