市販で買う【米粉パン】ならだんぜんイオンがおすすめ!あの「マイセンのパン」が買えます

以前は『トップバリュ お米でつくったふんわりパン』という名で、イオンで販売されていた米粉パン。

 

それがコロナウイルスによる初めての緊急事態宣言のころ店頭から姿を消し、代わりにマイセンブランド名で発売されたのが【ふんわりおいしい米粉パン】です。

 

ということで現在イオンでは「トップバリュ おこめでつくったふんわりパン」に代わり、マイセンのブランド名で「ふんわりおいしい米粉パン」が販売されています。

 

変わったといっても、以前と同じようにイオンで買えるし、同じマイセン製造だし、原材料も同じだから、おいしさももちろんそのまま。ですから久しぶりに買おうとして「無い無い無い!」とびっくりしないで大丈夫。パッケージと名前が変わっただけですから安心してください( *´艸`)



【マイセン】 ふんわりおいしい米粉パン 3個入

ふんわりおいしい米粉パン

  • 名称:米粉パン
  • 原材料名:米粉[うるち米(国産)]、砂糖、食用こめ油、生イースト、食塩/加工でんぷん、トレハロース、増粘剤(HPMC、グァーガム)、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)
  • 価格:248円(2020年2月時点)
  • 製造者:(株)マイセンファインフード

 

✓コンタミ情報として「大豆」があります
✓特定原材料7品目不使用

 

1個38グラムで3個入り248円。1個あたり約82円なので普通のパンに比べるとちょっと高めのお値段です。しかしちょっと高めでもこのパンは買う価値の高い、すごいパンなのです。(下記は発売当時のパッケージ)

トップバリュおこめでつくったふんわりパン

それは製造元が玄米や玄米パンで有名なマイセンだからです!ネットや成城石井でしか手に入らないマイセンのパンがイオンで買えるなんて!発売当時はとうとうこの日がやってきた!と言いたいくらい、すごい出来事でしたね。マイセンが製造しているパンなら、味は間違いないですし。

 

ところで、「ふんわりおいしいパン」と書いてありますが、袋の上から触った感じは、かなりかたいです。触った感じは乾燥した状態のお麩のよう。

 

食べるときはこのまま食べずに、レンジで温めてから食べます。外袋に『レンジで温めておいしくお召し上がりください』と書いてあるけど、直訳すると【温めないと美味しくいただけません】です!温めることでふんわりするパンなので、電子レンジは必須です。

 

実際食べるとさすがマイセン製造の米粉パンで、とてもきめ細かく、ふんわり柔らかく、何個でもいけちゃいます!電子レンジで温めただけで、戻す前のお麩みたいなパンがやわらかくなるんだから、すごく不思議です。

 

 

外出時の持ち運びに大変便利

お米が主原料のパンだから離乳食後期の赤ちゃんにもおすすめできます。そして持ち運びに便利なサイズ!

 

ただ外出時に利用の場合は、温めるためのレンジ対応のお皿(トレーなど)とラップを携帯する必要があります。最初からラップにくるんで持ち運ぶと、いいかもしれませんね。最近、液体ミルクの販売も許可されたことですし、赤ちゃんとのお出かけがもっと気楽になるといいですよね。

 

注意点がひとつだけ。温めたあとラップをかけた状態で放置すると、水滴でせっかくのパンが濡れてしまいます。ですから温めた後はラップを外し冷ましておきましょう。冷ましてからラップで包めば、やわらかい状態で食べられます。

 

わたしは息子の給食用に持たせていますが、お昼でもパンがふわふわだよと言っております♪



人気商品ゆえ品薄の時がありました…

おこめでつくったふんわりパン盛り付け例

そんなに美味しいならさぞかし人気だろうということで、販売直後はなかなか買えなかったそうです。今では手に入りますが、数年前にあったような台風被害による大規模停電や、今回のようなコロナウイルスの影響だったり、何か起こると手に入りづらくなることがあります。

 

実際2020年2月29日にイオンに買いに行ったときは、売り切れでした。この頃はちょうど全国的に休校が発表された時だったのでしょうがないですね。

 

こちらの商品は賞味期限が長いので、何か起こる前にいつでも家にあるようにしておくべきだな、と改めて思いました。このパンが大好きな息子なので、なるべく備蓄しておこうと。ただし万一買えなくなってもそれは一時的です。そんな時こそ落ち着かないといけません。少し待てばまた買えるようになりますしね☺

 

 

 

本家マイセンの玄米丸パン

ちなみにこちらがマイセンの「「玄米丸パン」です。玄米丸パンにはプレーンと焙煎黒焼きの2種ありまして、これは『玄米丸パン焙煎黒焼き』です。焙煎した玄米が練りこまれ、温めると玄米の風味が香ばしいです。

マイセン玄米丸パン焙煎黒焼き盛り付け例

マイセンの玄米黒パン、わが家では息子はプレーンが、大人たちは焙煎黒焼きのほうが好きですね。



一度だけ黒いものが…

存在を知ってから、何度も購入しているお気に入りのパンです。しかし正直に言うと、1回だけ購入した商品にカビが生えていたことがありました。

 

夫に頼んで買ってきてもらった3袋のうち、2袋に黒いものがてんてんとありました。どうみてもカビだったのでお店に連絡し、遅い時間にも関わらず、車で30分離れた我が家まで代品を届けてくれました。

 

でも思いました、常温で保存できるのに何でカビが生えるんだろう?

 

イオンの方によると『トラックで運搬して冷暖房の効いた室内に運ぶと、温度差により水滴がついてしまう場合があり、それが発生の原因と思われる』とのことでした。今まで同じ申し出が我が家の他にも1件あったとのことです。

 

もちろん丁重に対応いただいたので、さすがの対応でしたし、これからも買い続けます。一応「こういうこともあったよ」という情報なので、購入の際はよく見てから買ってくださいね。



【マイセン】ふんわりおいしい米粉パン レーズン 3個入

ふんわりおいしい米粉パンレーズン

  • 名称:米粉パン
  • 原材料名:米粉[うるち米(国産)]、レーズン、砂糖、食用こめ油、生イースト、食塩/加工でん粉、トレハロース、増粘剤(HPMC、グァーガム)、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)
  • 購入時価格:268円(税込)(2021年6月時点)
  • 製造者:(株)マイセンファインフード

 

✔コンタミ情報として「大豆」「アーモンド」があります
✔特定原材料7品目不使用

 

新作でレーズン入りも発売されました!売り場ではプレーンの方が売り上げがよさそうですが、お子さま向けに買い求める人の方が多いので致し方ありません。

 

それでも、小麦アレルギーは子どもだけではないし、大人はレーズン入りパンが好きですし。それに1種類から2種類になるということは、今後も種類が増える可能性があるわけで、種類が増えるのはとてもいいことですよね。

 

残念ながら息子はレーズンは嫌とのことで、食べてくれませんでした。ですがわたしはレーズンパンが大好きなので、美味しくいただいております。

ふんわりおいしい米粉パンレーズン調理例

子どもの頃からレーズンパンは焦げ目がつくほどよく焼いて、マーガリンをたっぷりつけて食べるのがお気に入り。米粉のパンもそうしたいので、記載通りレンジで温めたあと、キッチンハサミでハンバーガーのように開きます。予熱したオーブントースターで表面をこんがり焼きました!

 

やっぱりレーズンパンは、『よく焼き』が美味しいです✨たっぷりのせたマーガリンも熱でとろけて最高です!焼いて食べるときはオーブントースターでいきなり焼かないで、最初に必ずレンジで温めてから焼いてくださいね。



まとめ&買えるところ

イオンで買えるマイセン製造のパン【ふんわりおいしい米粉パン】【ふんわりおいしい米粉パン レーズン】でした。

 

製造は玄米パンで有名なマイセンで味はお墨付き、レンジで温めるとふんわりきめの細かい柔らかなパンです。さらに保存期間が長く、持ち運びに便利なサイズだから、食物アレルギーがある人との旅行や、行楽のお供に活躍まちがいなしです。

 

レンジで温めることで美味しくなるので、お出かけのの際はレンジ対応のお皿とラップをお忘れなく!ラップにくるんで持ち運ぶと便利かと思います。

 

購入は全国のイオンでお求めください。イオン系のスーパー「マックスバリュ」は売ってなかった、現在はイオングループのスーパー「マルエツ」で買えたという話も聞きます。店舗によって仕入れは変わりますし、小さめの店舗はお出かけの前にお問い合わせしたほうがよさそうです!

 

>イオングループ店舗一覧

 

 

関連記事>イオンで買えるアレルギー対応ケーキ【ショートケーキ】【モンブラン】

関連記事>イオンのヴィーガンチーズ【豆乳とココナツオイルからつくったまろやかシュレッド】

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です