【iHerb】で購入 グルテンフリーパスタを実食した感想とおすすめ度

海外サイト【iHerb】でグルテンフリーパスタを購入しました。

そして、おいしいのかまずいのか実食し、その感想とおすすめ度をまとめました。

『日本で購入できるグルテンフリーパスタはイマイチおいしくない』といった方の参考になれば幸いです。

もちろん、小麦アレルギーの息子に購入したすべてのパスタは、グルテンフリー。なおかつ、乳・卵不使用です。

 

 

①Bionaturae オーガニック グルテンフリー スパゲッティ340g

bionaturae spaghetti

 

✔原材料に大豆が含まれています。大豆アレルギーの方はご注意ください。
✔卵、小麦、牛乳、ピーナッツ、木の実、魚介類を持ち込まない専用施設で生産しています。



 

1つ目は、bionaturae(バイオナチュラ)という会社のパスタです。
グルテンフリーパスタの他に、デュラムセモリナパスタ、オリーブオイル、バルサミコ酢など製造している会社だそう。

日本で手に入るグルテンフリーパスタは、とうもろこし粉が使用されている製品が多いですが、こちらはとうもろこし粉ではなく、じゃがいも澱粉が使用されています。

パスタの色が白っぽいのはそのためのようです。細さは日本で多く出回っているスパゲッティーニより細い、フェデリーニくらい。

この細めパスタの茹で時間は7分とのこと。
パスタを割って茹でるとか、鍋とか火力の違いで差が出ると思うので、6分あたりから試食することをお勧めします。

ちなみに、グルテンフリーパスタ全般に言えますが、電子レンジで調理するのは向いていないようです。面倒でもお鍋でゆでましょう。

レトルトソース

 

レトルトのミートソースで頂きます。
うん、このパスタ美味しいです!

まず、とうもろこし粉を使用したパスタに多い「口当たりの悪さ」がありません。食べると、芯が残っているようなじゃりっとした感覚があるのですが、このパスタはモチモチとした食感で、口当たりが良いです。

そして「パスタの表面がぼそぼそ」になってしまうことが多いとうもろこし粉のパスタに比べて、このパスタの表面は、つるつるっとしていました。つるつるしている方が、やっぱり美味しいです!

 

 

このパスタではもうひとつ、サラダスパも作りました。味付けはシンプルにマヨドレとツナ缶とブロッコリーのみで。

サラダスパ

 

和えるときブチブチ切れたりせず、ロングパスタの形状はそのままです。サラダスパでも、美味しくいただくことが出来ました。パスタの色が白いからサラダにすると映えますね♪

おすすめ度:★★★★

 

 

 

②Jovial ブラウンライスパスタ スパゲッティ340g

jovial brown rice spaghetti

 

✔コンタミ情報として、大豆があります。



 

2つ目はJovial Foods,Inc(ジョビアフーズ)という会社の、グルテンフリーパスタです。パスタの他にもグルテンフリー商品をメインに扱っている会社です。

この玄米パスタ、原材料を見て驚きました。玄米粉と水だけって、どんなパスタ?って思いますよね?小麦粉と水でうどんの原材料だから「そっち系?」と期待しないでゆでました。

茹で時間は「たっぷりの煮えたぎったお湯で」11分とのこと。今回は昆布でとった出汁で茹でてみました。昆布だしで茹でると、グルタミン酸効果でパスタが美味しくなるそうですよ。

jovial brown rice spaghetti 調理例

 

この玄米パスタはオイル系で食しました。ベーコン、コストコで購入したポークソーセージリンクス、セロリを具にしたアーリオ・オーリオです。実際我が家で食べているパスタは、ソース系よりも炒めちゃう系のパスタが多いです。。

どうせうどんでしょ?と思った玄米パスタはまったく期待せずに食べましたが、美味しいです!とっても。予想したうどんではなく、ちゃんとパスタでした!すごい技術に感動しました。

大豆のコンタミがあるとはいえ使用しているのは玄米粉と水だけ。コンタミを気にしなくても大丈夫な大豆アレルギーっ子ならば、食べられますね♪

 

おすすめ度:★★★★★

 

ところで、グルテンフリーパスタで、オイル系パスタを作ると、ぼそぼそになってしまう方。
下記に気を付ければ、失敗知らず(のはず)です。一連の作業には菜箸ではなくトングを使うことがマスト。フライパンが傷つくので先端がシリコン製のものにしましょう。

  • パスタ投入までにソースを乳化させておく(茹で汁を少しづつ加え乳化させる)
  • パスタは湯切りしない(茹で汁をまとったまま、フライパンにダイレクト・イン)
  • 投入したらフライパンをあおらず、ぐるぐるとトングで回し手早く混ぜからめる

 

 

③Tinkyada ブラウンライスパスタ ほうれん草スパゲティ 340g

tinkyada brown rice pasta spinach

 

3つ目は、FOOD DIRECTION INC.という会社のグルテンフリーパスタブランド「Tinkyada」のほうれん草パスタです。
3つの中では一番太いパスタでした。

ほうれん草粉を使用しているため、乾麺の状態で若干の青臭さがあります。

茹で時間は15~16分とのこと。「良い食感のために、長めの調理時間をおすすめします」と書いてあるので、鵜呑みにして14分で試食したら、完全に茹で過ぎまして。この茹で時間は、茹であがりに冷水で洗い流す場合の茹で時間でした。

私のように洗わずにそのまま調理する場合は、12~13分で一度試食した方がいいです。

それにしてもパスタの茹で汁は、見たことないほど濁った緑色になります。

tinkyada brown rice pasta spinach調理例

 

 

今回もオイル系ソースで頂きます。
(シャウエッセンとブロッコリーのアーリオ・オーリオを用意しました。)

”みどりonみどり”という具のチョイスを失敗して見た目最悪ですが、食べてみるとパスタは全然普通においしい。茹ですぎたので食感の悪さを覚悟しましたが、もちもちしていて美味しいです。長めのゆで時間が良い食感をうんだようです(^_^;)

正直、見た目から一番期待していなかったので、「思ったよりも美味しい!」が正直な感想です。乾麺の時に感じた若干の青臭さですが、調理後はまったくしませんでした。

おすすめ度:★★★

 

 

 

まとめ&買えるところ

【iHerb】で購入した3グルテンフリーパスタを実食し、感想とおすすめ度をまとめました。

ひとつくらいハズレかなと思いきや、3つとも美味しく食べることが出来ました!味が分からなくて購入できなかった方のご参考になれば幸いです。

私のおすすめ順は②→①→③でした。(あくまで個人の感想です)

うちも食べてみたいよーという方、購入は【iHerb】のサイトからどうぞ。

>>【iHerb】

 

グルテンフリーパスタはiHerbで常に人気があり、ちょくちょく品切れをおこしています。

実際ご紹介した3点のパスタも、頻繁に品切れを起こしています。

けれども、根気よくチェックしていれば入荷はしていますので、あきらめないでカートに入れて下さい!毎日チェックする意気込みでお願いします!

 

楽天ユーザー様でしたら、楽天市場経由で【iHerb】サイトに入れば、楽天ポイントが貯まるので以下ご参考に。

  1. 楽天市場のトップページ、メニューバーから「Rebates」をクリック
  2. 楽天Rebatesのトップページの【iHerb】をクリック(トップになければ店舗検索してください)
  3. 【iHerb】でお買い物!(アカウント設定が必要です)

 

【iHerb】は海外サイトになりますが、日本語の言語を選択すれば特に困ることはありません。

40ドル以上の注文で送料無料(重量などで例外あり)、約15000円以下なら関税がかかりません(購入品により例外あり)

クリスマスのような世界的イベント時期でなければ、約1週間ほどで到着します。

 

日本にいながら海外サイトでのお買い物は、とてもわくわくします。グルテンフリー食品の他に、乳製品フリー商品もたくさんそろっています。
グルテンフリーパスタ難民以外に、食物アレルギーっ子の食品選びでお困りの方も、日本では手に入らない商品がきっと見つかるはずです。

 

 

最後に。
知り合いに【iHerb】を利用している人がいたら、紹介コードを聞きましょう!

買い物かごに紹介コードを入力するところがあります。
紹介コードを入れるとお会計から割引を受けられます。
(紹介した人にも紹介料が入ります。)
周りにユーザーが居ないという方、私のコードでよろしければ以下のコードをコピーしてお使いください。

ALC4320

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です