グルテンフリーのカレーを4種購入して実食した感想と結論

 

「小麦アレルギーの息子が、今よりもっと美味しいカレーライスを食べられるように」

そんな思いから、グルテンフリーのカレールウをあれこれ探した結果、

  • 買いやすさ(注文とか送料など)
  • 買いやすい価格
  • 卵・乳アレルギーも大丈夫

気にした上記3点をクリアしたカレールウを4種購入し実食しました。
感想をまとめましたので、ご参考になれば幸いです。

 

※味に差が出ないように具材は
【玉ねぎ・じゃがいも・大豆】としました。

 

 

A.お米でつくった本格カレールウ 135g(中辛)【創健社】

創建社カレールゥ

  • 名称:カレールウ(フレークタイプ)
  • 原材料名:植物油脂(パーム油、有機べに花油)、米粉、砂糖、カレー粉、食塩、馬鈴薯でん粉、調味料(酵母エキス、粉末醤油、麦芽エキス)、果汁(パイナップル、マンゴー、パパイヤ)、トマトパウダー、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
  • 販売者:株式会社創健社TI
  • 価格:380円(2019年4月時)

アレルゲンとして小麦・大豆があります。
コンタミ情報として乳・えび・かにがあります。

 

グルテンフリーカレーを購入したつもりでしたが、小麦が含まれていました、すみません。
検索にひっかかったので…。
しかし、息子は調味料レベルは大丈夫なため、このまますすめます。

 

「お米でつくった本格カレールウ」の特徴

 

  1. 小麦粉の代わりに米粉を使用
  2. ラードやブイヨン等、動物性原料は一切不使用
  3. 化学調味料や乳化剤など、合成食品添加物不使用
  4. フレークタイプで様々な料理に活用できる

 

植物性の材料ばかりで、コクが足りなそうですが、パイナップル等南国フルーツの果汁が、奥深い味にしてくれているもようです。

 

「お米でつくったカレールウ」味の感想

お米でつくった調理例

普段、息子が食べているカレー(りんごとはちみつのアレっ子版)より、ずっと本格的な味でした。
しょっぱなからおどろきました。\(゜ロ\)(/ロ゜)/

出来上がったカレーは、いつもより色が濃く、見た目からして本格派って感じです。
感想は以下の通り。

  • 色が濃い
  • 市販のカレールウの味に近い
  • 結構スパイシー
  • 中辛だけど甘め
  • 口当たりが軽い。食べやすい。

 

 

B.国産大豆使用でグルテンフリー ヘルシーで糖質OFFなカレールー 120g(中辛)【マルコメ】

マルコメカレールゥ

  • 名称:カレールー(中辛)
  • 原材料名:大豆粉、食用油脂、難消化性デキストリン、カレー粉、でん粉、食塩、唐辛子加工品、トマト粉末、チャツネ、香辛料、酵母エキス粉末、チキンブイヨン粉末、フライドオニオン粉末、マッシュルームエキス粉末/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘剤(キサンタンガム)、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸味料、(一部にごま、大豆、鶏肉、バナナを含む)
  • 販売者:マルコメ株式会社
  • 価格:304円(2019年4月時)

アレルゲンとしてごま、大豆、鶏肉、バナナがあります。
コンタミ情報として乳、小麦、牛肉、豚肉、りんご、ゼラチンがあります。

 

これはグルテンフリーをうたってますので、小麦は不使用です。
チャツネを使っていることから、インドカレー寄りといえそうです。
お値段は4種類で一番安かったです。

 

「国産大豆使用でグルテンフリー ヘルシーで糖質OFFなカレールー」の特徴

 

  1. 小麦粉の代わりに国産大豆粉使用
  2. 小麦粉のルウと比較して25%糖質OFF
  3. グルテンフリーだけど小麦アレルギー対応とはしていない
  4. フレークタイプで様々な料理に活用できる

 

チャツネの他、唐辛子、香辛料によりスパイシーさを求めているもよう。

 

 

「国産大豆使用でグルテンフリー ヘルシーで糖質OFFなカレールー」味の感想

大豆粉使用カレールウ調理例

 

子供たちはこのカレーが一番好きでした。
「めっちゃうまい」息子二人とも言ってました。

こちらも、いつものアレっ子カレーよりかなり本格的な味。
市販のカレーを食べている私たちは大きく感動するほどでもないけれど、今までアレっ子カレーを食べていた次男は「感動もひとしお」だったみたいです。

  • 煮込んだような濃いカレーの色
  • コクがある
  • 結構スパイシー
  • 大豆のにおいは一切なし
  • ちょうどいい具合の中辛

 

色が濃いのは、カラメル色素が入っているからですね。
スパイシーかつ、子供うけするお味といえます。

 

C.オーサワ スパイス香るカレールウ120g【オーサワジャパン】

オーサワスパイス香るカレールゥ

  • 名称:カレールウ
  • 原材料:有機パーム油(コロンビア)、玄米粉(国産)、メープルシュガー、カレー粉、食塩、酵母エキス、馬鈴薯澱粉、りんご果汁、粉末トマト、有機ブラックペッパー、有機ココア
  • 販売者:オーサワジャパン株式会社
  • 価格:460円(2019年4月購入時)

コンタミ情報として乳、小麦、えび、かにがあります。

 

“意識高い系”の方々にはおなじみ、オーサワジャパンのカレールウです。
自然食品、マクロビオティック食品を扱う会社で超有名ですね。

扱っている商品は、アレルギーの人はもちろん、ビーガンの方々も買える商品が多く取り揃えられています。
こだわりがありますから、オーサワジャパンの商品は、全般的にお値段高めといえるでしょう。

 

 

「オーサワ スパイス香るカレールウ」の特徴

 

  1. 小麦粉の代わりに農薬・化学肥料不使用国内産玄米粉を使用
  2. 動物性原料・化学調味料不使用
  3. 植物性カレールウ
  4. アレルギー用として作ってはいない
  5. フレークタイプで様々な料理に活用できる

 

 

「オーサワ スパイス香るカレールウ」の感想

オーサワジャパンカレールウ調理例

 

子供たちの中ではこちらのカレールウが第4位でした。
原材料に入っていませんが、後味に「ピーマンの味がする」とのこと。
確かに遠くでピーマンの風味がします。不思議です…。

とはいえ、やはり本格的なカレーの味。
いつものアレっ子カレーと、カレーの本気度が違う感じ。

  • 色は濃くなく、黄色っぽい
  • 一番とろみが強い
  • 野菜の風味(特にピーマン)がする
  • 結構スパイシー
  • 子供には辛め

 

厳選された材料から作られている、という絶対の安心感があります。
「体に悪いものは一切無理!」という方には、こちらのカレールウをおすすめしますね。

 

 

D.シンプルに生きる大人のためのカレールー100g【あいのう】

あいのうカレールゥ

  • 名称:カレールウ
  • 原材料:玄米粉、植物油脂(有機パーム油、べに花油)、有機カレー粉、粉末野菜(オニオン、トマト、ガーリック、ジンジャー)、メープルシュガー、食塩、果汁(りんご、パイナップル)、粉末味噌、有機ココア(原材料の一部に大豆を含む)
  • 販売者:株式会社愛農流通センターATC
  • 価格:520円(2019年4月時)

アレルゲンとして大豆があります。

 

スパイスの専門店「エヌ・ハーベスト」とあいのうがコラボしたカレールウになります。
このカレールウ、原材料をみると、Cオーサワジャパンのカレールウと近いようです。
4種の中ではこのカレールウが一番高いお値段でした。

 

 

「シンプルに生きる大人のためのカレールー」の特徴

 

  1. 砂糖・動物性原料不使用
  2. たん白加水分解物・酵母エキス・化学調味料不使用
  3. あいのう生産者限定玄米粉使用
  4. フレークタイプで様々な料理に活用できる

 

「香りも味も手加減なしにスパイシー。
コクを重視した商品の逆をいく、後味さっぱりなカレールウ。」
だそうです。

 

 

「シンプルに生きる大人のためのカレールー」の感想

あいのうカレールウ調理例

 

大人の人気第1位はこちらでした。
コクを求めず後味さっぱりなカレーということで、物足りないかもと思っていましたが、そんなことは全く。
確かにさっぱりしていましたが、味噌とココアのおかげなのか、奥深い味わいでした。

  • 大人は一番好きな味
  • それほど辛口ではない。
  • さらっとして食べやすい
  • コクよりも~というけど物足りなさなど無い

 

辛口はこのカレールウだけでしたが、実際は辛すぎず、中辛の感覚で食べられます。
事実、小学生の息子たちも普通に食べてました。

値段の高さも、この美味しさなら仕方ないでしょう、という感じです。

ひとつ注文するならば、こちらのカレールウだけスダンディングパウチではなかったこと。
開封後の保管は冷蔵庫がマストですが、庫内で自立してくれる他のカレールウと違い、こちらは自立できません。
それだけが残念な点でしたね。

 

 

まとめ&結論&買えるところ

 

今回4種のカレールウを実食しましたが、4種それぞれ特徴がありました。
共通して言えることは、今まで食べていたアレっ子カレーより、断然おいしかったこと。

いつも購入しているアレっ子カレーは、スーパーで買えるし手軽でいいのですけど、独特の風味があって。
自分的には、その風味が美味しくないなぁと思う理由なんですね。

分かりやすく言うと、レトルトカレーに共通する、あの独特な風味です。
レトルトカレーって、目をつむって食べてもわかると思いませんか?

 

今回試した4種は、その独特な風味がなくて、さらに小麦粉不使用だからもたれる感じが全くありませんでした。
あと、Bのマルコメ以外の3種は、動物性原料不使用で植物性を徹底しているカレーでした。
子供たちがBのマルコメを一番好きだと言ったのは、植物性のカレールウに物足りなさを感じたかもしれませんね。

 

いやしかし。世の中にはいろんなカレールウがあるんだなぁ、もっと前からよく探せばよかったなぁ、が今回の正直な感想です。

 

最後に。
我が家が出した結論。

「4種をブレンドしたカレーが一番おいしい」

やはり、「カレールーは何種類かブレンドする」
これに限ります。
全てフレーク状なので、固形のカレールーみたいに入れ過ぎることなく、調節できるのが大変便利でした。

 

4種のカレーは、すべて揃っていた楽天24で購入。
初めて楽天24で買い物する場合、送料無料のクーポンがあったりしまから、チェックしてみて下さい。

 

 

 

創健社 お米で作った本格カレールウ(135g)【イチオシ】

価格:410円
(2019/4/19 16:16時点)
感想(53件)

 

ダイズラボ 大豆粉のカレールー(120g)【マルコメ ダイズラボ】

価格:328円
(2019/4/19 16:17時点)
感想(0件)

 

オーサワ スパイス香るカレールウ 中辛(120g)【オーサワ】

価格:496円
(2019/4/19 16:19時点)
感想(14件)

 

あいのう玄米カレールゥ PREMIUM シンプルに生きる大人のためのカレールー 辛口(100g)【愛農】

価格:561円
(2019/4/19 16:20時点)
感想(9件)

 

 

 

使用した大豆は一度食べたら浮気できない、パスシステムのものを使用しました。

産直大豆ドライパック

産直大豆ドライパック

 



 

 

 

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です