小麦アレルギーOK!グルテンフリーの日持ちする半生うどん【米粉麺】

小麦アレルギー児を9年以上育てている私が、リピ買いしている【うどん】をご紹介します。

 

「常温で保存可能」
「賞味期限が1年以上」
「個包装」
「冷たくても温かくても美味しい」

 

こんな理由でお気に入りです!



 

【波里】こまち麺 200g

こまち麺

  • 名称:米加工品(米麺)
  • 原材料名:うるち米(国産(秋田県産あきたこまち70%))、コーンスターチ/クエン酸
  • 製造者:(株)波里
  • 購入価格:1袋 250円(2019年2月)

 

✔コンタミ情報として、ごまがあります。

 

米粉 うどん 乾麺 グルテンフリー お米のうどん こまち麺 200g×4袋セット(8食入)

価格:1,080円
(2019/10/4 15:17時点)
感想(333件)

 

 

製造者の(株)波里(なみさと)さんは、スーパーで見かける「お米の粉」という、米粉でおなじみですね。

その(株)波里さんが手がける「こまち麺」は、1袋200g入りの半生うどんです。

常温で保存可能、賞味期限が1年と長く、個包装なので、帰省のときに持ち運びもでき、とっても重宝しています。

常温で保存できるというのは、台風での停電が思いのほか長く続いたニュースからも、とても大事なことだと感じていて、冷凍保存だけに頼っては危険だと意識が変わりました。

食物アレルギーの食事は、普段から準備しておくのが本当に大切なんだと。

 

 

■気になる味について

 

乾麺とはちがい、半生めんなので、限りなく生めんに近い食感があります。

形状は、きしめんのように平たく、厚さは薄くてとてもやわらか。

ですから讃岐うどんのようなコシはありません。(コシのあるうどんは、別にリピ買いしているうどんがあります)

さらに、米からできた麺の多くが、麺どうし「ぎゅっ」とくっついているものがほとんどの中、「こまち麺」はくっついていません。1本1本がパラパラです。

ですので、1度に1袋(200g)も食べないとき、必要分のみ取り出すことができるんです。

使いたい分だけ取り出せる米麺って、なかなか無いですよね。(開封後は密閉して冷蔵庫に入れ、早めに食べきってください)

ひとつ気を付けたいのが、脱酸素剤が麺の中に紛れて封入されていること。

外側からでは見えないので、麺と一緒に茹でないようにしてください。

ちなみに、麺は長めの約23センチに切りそろえてあるため、茹でるときはフライパンが便利ですよ。

我が家では、冷やしうどん、そうめんの代わりに冷たい麺としても食べるし、けんちんうどんや、カレーうどんの温かい麺でも食べています。



 

まとめ&買えるところ

我が家がリピ買いしているうどん、【波里 こまち麺】でした!

「常温で保存可能」
「賞味期限が1年以上」
「個包装」
「冷たくても温かくても美味しい」

以上の理由からお気に入りで、何回も購入しているうどんです。

小麦アレルギー、グルテンフリー生活にはもちろん、くたくたに煮て赤ちゃんの離乳食にもおすすめです。

 

■買えるところ

 

 

 

 

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です