卵アレルギーOK!卵白不使用のふわっと美味しいねり製品

 

何かを入れて練って練って練りまくらないと、このふわっと感は出ないはず。
その「何か」は卵アレルギーの敵、卵白じゃないかなと思うのですが…。

卵は一切使用していないんです。
紀文のちくわには卵白が使用されていますが、この商品には使われていない?あれれー?
その技術があればちくわの卵白だって使わなくて済むんじゃないの?と勝手なツッコミを入れたくなりますが、きっと味にこだわると使うべきなんですよね、失礼しました。

今までご紹介した魚肉ねり製品のなかで、ふわっと感は最上級。
ねり製品の王様、紀文の看板商品です。

 

卵アレルギーOK!:卵白不使用 紀文 魚河岸あげ

魚河岸あげ

  • 名称:魚肉ねり製品
  • 原材料名:魚肉、豆腐(大豆を含む)、植物油、大豆たんぱく、でん粉、ぶどう糖、食塩(天日結晶塩)/加工でん粉、トレハロース
  • 製造者:(株)紀文食品
  • 価格:198円前後(2018年7月現在)

本製品は大豆を使用しています。
コンタミ情報として卵・小麦があります。

 

ふんわりの秘密は豆腐みたいですね。

原材料の2番目に豆腐が記載されていますので、魚肉に次いで豆腐の分量が多いことになります。
3番目に記載の植物油はおそらく揚げ油と仮定すると、大した材料は使っていないことがわかります。

自宅で白身魚をすり身にし、豆腐と片栗粉と調味料を加えて揚げたら魚河岸あげもどきができるのでしょうか?
そんなに上手くいくわけがないと予想しますが、いずれチャンスがあったら(白身魚が安く手に入ったら)作ってみたいと思います。

ただ、材料費と作る手間を考えると魚河岸あげは「お手頃価格だなー」と思います。
揚げ物はやはり面倒ですし、魚をミンチにした後の器具の掃除が面倒くさい。
そこを含めて198円前後はお手頃ですよね。

魚肉なので主菜のおかずにもなるし、さっと煮て副菜にもぴったりだし色々使えますね。
おでんに入れても美味しいし、カットしてマヨーネズを乗せトースターで焼いたら七味を振って。
おつまみにもピッタリです。

ちなみに我が家では1個を半分にカットし、4個→8個にしてから調理しています
。量は変わらないですが自分では増やしているつもり。

今回は副菜としてほうれん草とさっと煮してみました。
味付けは麺つゆのみです。

魚河岸あげ調理例

 

麺つゆでさっと煮てから魚河岸あげを取り出し、パラパラになっている冷凍ほうれん草を残りの煮汁で煮たものです。
10分もかからず1品完成。やっぱり楽ですね(^_-)

味付けが麺つゆのみで手抜きなのですが、魚肉から出汁がでますし揚げてあるためコクもあり美味しいですよ。

 

まとめ&買えるところ

卵アレルギーでも食べられる卵白不使用の練り製品紀文の「魚河岸あげ」をご紹介しました。
今までご紹介した魚肉ねり製品のなかではふわっと感は最上級です。
スーパーの練り物製品コーナーにありますので「食べたことないよー」という方はぜひお試しください。

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です