【米粉で作った麺】ラーメンライプはゆで方にコツあり!卵・小麦アレルギーもOK!

 

グルテンフリーのロゴ

ありがたいことに世の中はグルテンフリーが流行中。今ではグルテンを含まない米粉の麺がスーパーで手軽に買えるようになりました。近年は大人になってから小麦アレルギーを発症する方もいたりして、米粉麺の需要は確実に伸びていると実感しています。

 

今回ご紹介する【米粉で作った麺 ラーメンタイプ】は、数多くの米粉麺を実食してきた息子がラーメン用の米粉麺として激押しする一品です。お店のラーメンも市販のラーメンも食べることができない次男が、華麗に出会い恋に落ちた麺です(笑)ちょっと大げさですが、それほど気に入っていますね。

 

だからわたしがラーメン用に購入するのは米粉で作った麺か小林生麺のみ。今回は前者の米粉で作った麺を掘り下げます。食物アレルギーの次男に好きな食べ物第一位「ママのラーメン」と言わしめる「お米で作った麺」は、麺のゆで方に大事なコツがありますので、是非参考にしてください。



【吟米本舗】米粉で作った麺 ラーメンタイプ

お米で作った麺ラーメンタイプ

 

  • 名称:米粉麺(生ラーメンタイプ)
  • 製造者:株式会社 名古屋食糧 米粉工場
  • 原材料:米粉(国内産)、ソルビトール、増粘剤(キサンタンガム)、かんすい、クチナシ色素、打粉(加工でん粉)
  • 価格:200円

 

✔米粉専用工場で製造

 

生めんタイプですので、ゆで時間が短くてすみます。乾麺と違い鍋をずっとかき混ぜなくても、麺どうしがくっつきません。よって、沸騰した鍋にそのまま入れ、しばし放置で大丈夫です。

 

 

米粉で作った麺のおすすめのゆで方

実は【米粉で作った麺】は、麺のゆで方に大事なコツがあるんです。麺のゆで時間は3分~4分30秒、と書かれていますがこれだとゆで過ぎです。パッケージ裏面にちゃんと調理方法もゆで時間も記載してくれていますが、それを否定するかのようなことを言ってごめんなさい。

 

けれども、麺をゆで上げたのち水洗いをするのですが、その後もういちど温めるからなんです。だから最初に時間どおりゆでてしまうと、火が入りすぎて結果、麺がのびてしまいます。

 

ちなみに冷たい麺を食す場合は記載通りのゆで時間で大丈夫。最後に氷水できゅっとしめれば完璧です。冷やし中華やざるラーメンにどうぞ。そして温かい麺で食す場合は下記の通りゆでてください。

  1. ゆではじめてからしばらくすると、麺が周りからほぐれてくる(1分くらい)
  2. 菜箸で少しゆすりながらほぐす(すぐにほぐれます)
  3. さらに1分くらいゆでる

 

米粉で作った麺調理例焼きそば

工程にしてざっと2分ほどです。その後は麺を水洗いし、ラーメンに使う場合は熱湯でいちど温めましょう。焼きそばに使う場合は、フライパンに投入しますから温めなくて大丈夫です。麺のくっつきが気になる場合は、少量のごま油をまぶしておきましょう。

 

 

ラーメン作りの工程

ラーメン作りの手順としては次のような流れです。準備をしておくと作業がスムーズかと思います。

 

  1. 鍋にスープを作り、麺が茹で上がる前に完成させておく(弱火で温め続けておく)
  2. 別の鍋で麺をゆでる為のお湯を多めに沸かす
  3. 沸かしたお湯を使ってどんぶりを温める
  4. 麺をゆでる
  5. ゆであがった麺を水洗いする
  6. 熱湯で麺を温めてどんぶりに入れる、もしくはスープ鍋に洗った麺を入れ完全に温める
  7. 温めたどんぶりにスープと麺を入れ完成

ラーメンの具については、ご家庭によりバライエティに富んでいると思いますので、ご自由にどうぞ。わたしの場合は「野菜炒め」「もやし炒め」を具にすることが多いです。

 

スープを作る隣のコンロで野菜炒めを作り、出来上がったものをボウルに移しておきます。味噌ラーメンのときはスープ鍋に1人分の野菜炒めを投入し、醤油ラーメンのときは野菜炒めを別皿にしています。

 

一番大事なポイントは、ゆでた麺は必ず水洗いすること。水洗いしないと麺どうしがくっつきやすく、食感も悪くなるため面倒でも必ず水洗いしてください。



自宅で簡単手作り!ラーメンスープレシピ

麺がどんなに美味しくても、ラーメンの味を決めるのはやはりスープになります。次男曰く、わたしの手作りラーメンスープが好きなんだ!とのこと。このラーメンスープは、市内の給食で提供されている味噌ラーメンのスープがベースです。

 

ありがたいことにレシピを公開してくれているので、給食と同じようなスープになれました。

 

<味噌ラーメンスープ>
鶏がらスープの素、にんにく、しょうが、味噌、酒、砂糖少々、しょうゆ少々、長ネギ、塩コショウ、すりごま、ごま油

 

「すりごま」と「ごま油」は最後に加えると、香りが立っておいしいですよ!
使える方は鶏がらスープの素の他に味の素の「中華あじ」「Cook Do 香味ペースト」を使うとスープに深みとコクが出て、お店の味に近づきます。

 

<醤油ラーメンスープ>
鶏がらスープの素、酒、しょうゆ、塩コショウ、サラダ油(多め)、長ネギ

 

醤油ラーメンスープに、だし袋を破いて中身を投入すると魚介系醤油ラーメンスープに。さらにCook Do 香味ペーストも加えると魚介系とんこつ醤油ラーメンスープになります!その場合、味が濃くなりますから鶏がらスープの素を減らしてくださいね。

 

分量はいつも適当に入れてまして、すみません。ご家族の好みに合わせてお願いします。



まとめ&買えるところ

ラーメン用米粉麺【米粉で作った麺 ラーメンタイプ】でした!ラーメンのゆで方はメーカーさん推奨時間より短めをおすすめします。手順とラーメンスープもご参考になれば幸いです。

 

以前は近所のヤオコーというスーパーで販売されていましたが、需要が少なかったのか取り扱いしなくなってしまいまいました。別の店舗では見かけたりと、店舗によって違うようです。

 

今は製造者である(株)名古屋食糧さんの楽天市場店舗『吟米本舗』さんで購入しています。

■買えるところ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です