調理器具

 

ご自宅に無いものは、食べられるもの・あるのもので対応可能です。
例)中華あじ→鶏がらスープのもと等

色々お試しください。

 

ラーメンスープ【みそ】

すりごまは入れなくても大丈夫です。ごま油の代わりにサラダ油でもOK。

 

【材料】:水、中華だし(中華味・鶏がらスープの素・香味ペースト等)、長ネギ、みそ、酒、しょうゆ、砂糖、塩コショウ、しょうが、にんにく、ごま油、すりごま (分量:適宜)

【手順】

  1. 鍋で水を沸騰させる
  2. 中華だし、小口切りした長ネギ、酒、しょうゆ、砂糖、塩コショウ、みじん切りしたしょうがとにんにくを入れる
  3. 再び沸騰したら火を弱め、みそを入れる
  4. 味を見て足りなければ足りないものを足す
  5. ごま油をまわしかけ、すりごまを振って出来上がり。

 

 

ラーメンスープ【魚介系Wスープ】 

和風顆粒だしはいくつかブレンドすると美味しいですよ。
我が家はブレンドしたものを瓶に入れ、常にストックしています。

 

【材料】水、中華だし(使えるなら香味ペーストが断然おすすめ)、和風顆粒だし(かつおだし、こんぶだし、あごだし等)、しょうゆ、酒、砂糖少々、塩コショウ、しょうが、にんにく、サラダ油、小口切りした長ネギ (分量:適宜)

【手順】

  1. 鍋で水を沸騰させる
  2. 中華だし、和風顆粒だし、酒、しょうゆ、砂糖少々、塩コショウ、みじん切りしたしょうがとにんにくを入れる
  3. 再び沸騰したら火を弱め、アクが出ていたら取る
  4. サラダ油を入れる
  5. 好みで小口切り長ネギを散らす

 

魚介系Wスープは少ししょっぱい方が美味しいです。
しょうゆとサラダ油は気持ち多めをお勧めします。

 

 

フライのバッター液

衣をつける前のつなぎとなるバッター液のレシピです。

 

【材料】米粉、片栗粉、マヨドレ、塩コショウ、水

 

【手順】

  1. 水以外の材料をボウルに入れ、水を少しづつ加えながら、混ぜ合わせる
  2. ダマになったところは、泡だて器などを使いつぶしておく

 

【分量】米粉大さじ3に対し、片栗粉大さじ1、マヨドレ2センチ、塩コショウ適宜。水は様子を見ながら、とろみのある状態にしてください。ゆる過ぎると衣が付きにくくなり、水が足りないと扱いづらいです。

揚げる食材には、バッター液に漬ける前に、米粉を薄くまぶしておいてください。

 

 

天ぷらの衣

焦げやすいのでマヨドレの入れ過ぎに注意してください。

 

【材料】米粉、片栗粉、マヨドレ、塩、水

 

【手順】

  1. 水以外の材料をボウルに入れ、水を少しづつ加えながらダマにならないように混ぜる

 

【分量】米粉3に対して片栗粉1、マヨドレ、塩、水は適宜。ゆる過ぎると食材に衣が付きにくいです。

 

 

もんじゃ焼き

ご自宅の鉄板プレートで、もんじゃ焼きが楽しめます。

 

【材料】米粉、水、和風顆粒だし又はかつお節、味付けの素(ソース、しょうゆ、カレー粉等お好きなもの)、キャベツ・もち・明太子などの具

 

【手順】

  1. ボウルに米粉、だしを入れ、水で溶きます
  2. 小麦粉のもんじゃと同様で、水っぽくて大丈夫。他の材料を入れ混ぜ合わせ、薄く油をひいた鉄板で、もんじゃ焼きの手順で焼きます。

 

【分量】米粉大さじ1.5~2、水の量はお好みで。水が少ないとお団子状になりますので、色々試してご家庭の量を見つけてください。

 

 

「本場タイの味 万能調味料」で作る『簡単カオマンガイ』

さっぱり目が好きなのでむね肉を使っています。
お好みでひき肉やもも肉でもOK!

 

【材料】米2合、水、鶏むね肉(皮なし)1枚、酒大さじ1、ナンプラー小さじ1、しょうがスライス2~3枚、レモンの皮、パクチー又は小ねぎ、本場タイの味万能調味料小さじ2

【手順】

  1. 鶏むね肉は小さくカットして、本場の味万能調味料大さじ1とナンプラー小さじ1(ともに分量外)で下味をつけておく
  2. 研いだ米に酒、ナンプラーを加え、水を入れる(目分量の水より少し少な目がおすすめ)
  3. 万能調味料、しょうがスライス、鶏肉の順に乗せ普通に炊飯する
  4. 炊けたら、みじん切りしたレモンの皮を加え、ざっくりと混ぜる。好みでパクチーなどを添えて出来上がり。

 

炊いているそばから、いい香りが漂ってきます。レモンの皮は白いところが苦いのでご注意を!