レストラン画像

アレルギー配慮メニューがあるレストランが増えてきました。ところが、「冷凍食品の寄せ集め」的なメニューも多く、お世辞にも、美味しそうとは言えません。

 

実際に食べてみて、このメニューならアレっ子も満足というお店のみ掲載しました。企業努力でアレルギーのある人にも、ちゃんと美味しいものを作ってくれているお店です。
※随時追加していきます



1.カレーハウスCoCo壱番屋

特定原材料を含まないカレー

ココイチのアレルギー配慮メニューである「特定原材料を含まないカレー」は、野菜の甘みが良く出ていて、大人が食べてもちゃんと美味しいカレーです。

 

レトルトパウチに入ったまま運ばれてくるので、少し驚きますが、コンタミを防ぐためには当然のことでしょう。

 

サイズは、ライスが100gと200gの展開でして、子供だけでなく大人のアレルギーにもちゃんと対応してくれています。200gを注文すると、ルーも2倍になります。

 

ココイチさんの「特定原材料を含まないカレー」を食べたら、某ファミレスのアレルゲンカレーは、もう食べられないですよ。また、レトルトパウチで商品化されていて、ネットで購入できることもポイント高いです。

 

含まれるアレルゲン:りんご

 

>>ココイチ通販

 

2.ハンバーグレストラン びっくりドンキー

乳・小麦・卵を使わないハンバーグびっくりドンキーが2年半の歳月を開発に費やし、メニュー化されたハンバーグです。ハンバーグは130gとボリュームがあり、Mサイズを選べば大人も満足できるでしょう。

 

付け合せのサラダには、別添えでドレッシングとエッグフリーのマヨーネズをつけてくれます。

 

このハンバーグは工場で製造されたものを、各店舗で湯せんしているのですが、美味しく食べられるように研究されていますので、味は保証します。息子のをひと口食べましたが、とても美味しかったです。

 

一部、フードコート店など取り扱いがない場合があります。下記より検索の上、行ってみて下さい。
>>実地店舗

 

※はちみつを使用しています。1歳以下のお子様は食べられません。



3.吉野家

吉野家 牛丼吉野家の牛丼は、アレルギー対応メニューではないのですが💦

 

このブログは息子の食物アレルギー(主に小麦・乳・卵・落花生・いか・いくら)を基準に書いておりまして、似たようなアレルギーを持つ方の参考になればとの思いで書いております。何卒ご理解ください。

 

小麦アレルギーの息子ですが、しょうゆ等の調味料に関しては大丈夫です。ですのでこの吉野家の牛丼は「食べられるメニュー」となっており、大好物でもあります。

含まれるアレルゲン:小麦・牛肉・大豆・りんご・ゼラチン

 

ただし、お店のメニューにはトッピングに生卵やチーズがあり、コンタミの危険度は高いと言えるでしょう。息子がまだ小さい時はわりと冒険的に食べていた記憶があります。

 

参考に、すき家の牛丼のアレルゲンも吉野家と同じ小麦・牛肉・大豆・りんご・ゼラチンです。なぜすき家を選ばないかというと、牛丼の味付けが吉野家の方が好みだということと、すき家は牛丼に色々なものを乗っけたメニューが多いので、コンタミの危険度がかなり高いと判断しているからです。

 

松やの牛めしのアレルゲンは小麦・牛肉・大豆となっています。近くに店舗が無く食べたことが無いのが選ばない理由です。

 

なか卯の和風牛丼に関しては、乳製品使用のため乳アレルギーの息子は食べられません。アレルゲンは小麦・乳・牛肉・大豆・りんご・ゼラチンです。