アレっ子には冷凍【CP若鶏の竜田揚げ】がおすすめ!卵・乳不使用

調味料レベルの小麦は使っているものの、卵・乳は不使用の冷凍竜田揚げをコストコで買っています。

初めて購入して以来、ずーーっと買っているお気に入りを今回はご紹介します。

 

我が家の次男は小麦アレルギー

しょうゆ・だしなどの調味料レベルは大丈夫だけど、パンやパスタなど小麦粉そのものを使ったものを食べると、喉のかゆみといった症状が出ます。現在自宅で焼いたパンを使って負荷訓練中です。

そんな小麦粉が使えない我が家で食べる”からあげ”といえば、それは竜田揚げのこと。

「ママ、からあげ食べたい」とリクエストされたら、衣が片栗粉の「竜田揚げ」をつくるということになります。

といっても夕飯のおかずに作るならまだしも、『お弁当にちょこっと入れる”からあげ”くらいなら、冷凍食品で済ませたい』と、昔のわたしは思っていました。

「冷凍からあげが使えたらラクだなぁ」と。

けれども、あんなにたくさん種類がある中で、小麦粉・卵・乳不使用のものってスーパーには無いのです。冷凍竜田揚げも含めて。

 

 

 

卵・乳不使用 冷凍【若鶏の竜田揚げ】1kg

若鶏の竜田揚げ

  • 名称:鶏竜田揚げ
  • 原材料名:鶏肉、しょうゆ、しょうが、にんにく、ワイン、食塩、砂糖、衣(でん粉、食物油脂)、揚げ油(大豆油)/加工デンプン、リン酸塩(Na)、調味料(アミノ酸)、酸味料、(一部に小麦・大豆・鶏肉を含む)
  • 価格:828円(2019年9月時点)
  • 原産国名:タイ
  • 輸入者:CPF JAPAN株式会社

 

 

 

✔アレルゲンとして小麦・大豆・鶏肉があります

 

コストコで見つけて以来、ずっと購入している冷凍若鶏の竜田揚げは、ずっしりと1キロも入っているのに1000円以下、というやさしいお値段が魅力的です。

原材料に外国産(タイ)の若鶏を使用しているので、お安めの価格になっています。

自分で竜田揚げを作るときは、スーパーで国産の鶏肉を買います。やっぱり国産はおいしいし安全な気もしますし。

でも、お弁当などのちょっと使いにはそこまで気にしません。というか、国産の表記がなければ、冷凍からあげって外国産ですよね。



この竜田揚げは、しょうがとにんにくの風味がほんわり効いていて、おしょうゆ風味のだれもが食べ慣れた味。

それに鶏肉は臭みなく、やわらかくて外国産ってことは全然気になりません。

すでに調理済みだから、油で揚げるほか、電子レンジ調理もできます。

もちろん揚げるのが面倒くさいから冷凍からあげを買っているので、レンチンしかしませんけども。

冷凍若鶏の竜田揚げ

レンチンしても、べちゃっとせずカラリと仕上がります。

それこそ、チン後はお皿に油がしみ出るので、レンジ調理の方がヘルシーに仕上がるといえます。

そして見てのとおり、口にも目にもおいしい衣の粉吹きが、レンチン後もちゃんと残っています。衣に粉吹きがあるだけで、まるで手作りしたような見た目ですよね。

もしカリッとした衣がお好みならば、さらにトースターで温めればジューシーかつサクッとした歯ごたえになりますよ。

冷凍から揚げでこのクオリティなら文句のつけようがありません。

 

このまま竜田揚げとしてお弁当に使うほか、手作りのねぎ塩レモンだれ・油淋鶏ソースをかけたり、酢鶏の具にしたりと、ほんとうに色々使えます。

1キロの冷凍からあげですが、我が家ではすぐになくなっちゃいます。それくらいよく使っていますね。

 

 

 

まとめ&買えるところ

小麦アレルギーでも調味料レベルの小麦が大丈夫なら、食べられるかもしれない冷凍からあげ【若鶏の竜田揚げ】をご紹介しました。

卵・乳は不使用です。

しょうがとにんにくの風味と、しょうゆがほんわり香る、万人うけするお味の竜田揚げです。

 

小麦アレルギーの次男でも、調味料の小麦は大丈夫なので食べていますが、アレルギーの症状は千差万別。

原材料をよくご確認のうえ、初めて食べるときは必ず微量からお試しください。

 

ふだんコストコで購入している我が家ですが、たまーにある売り場の変更で、いつもある場所に見つからないと、正直焦るほどリピートしている竜田揚げです。

これからも取り扱いがなくならないよう、祈るばかりです…。

 

買えるところ

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です