グルテンフリーのパンがたった3つの材料で焼けるパンミックス

ホームベーカリーさえあれば、「材料たった3つ」でグルテンフリーのパンが焼ける、パンミックスがあります。

少ない材料で済むため、あれこれそろえる必要がありません。

グルテンフリーはもちろん、バターも牛乳も使わず食べられる大豆粉メインのパンミックスです。

 

 

小麦アレルギーOK!【大豆粉と米粉の食パンミックス】 290g

大豆粉と米粉の食パンミックス

  • 名称:パンミックス
  • 原材料名:大豆粉、コーンスターチ、米粉、還元水飴、砂糖、食物繊維、米こうじ粉末、もち米粉、食塩、タピオカでん粉、食用油脂/トレハロース、糊料(ヒドロキシプロピルメチルセルロース、キサンタンガム、アルギン酸エステル)、加工デンプン、乳化剤、(一部に大豆を含む)
  • 製造者:マルコメ株式会社
  • 価格:500円前後(2019年3月時点)

 

✔アレルゲンとして大豆があります。

 

3つの材料とは

  1. パンミックス:1袋
  2. 水:230ml(15℃以下)
  3. ドライイースト:3g

たったこれだけです。

通常は用意するべき「砂糖・塩・油分」は、すでにミックスされていますから、ホームベーカリーさえあれば、3つの材料でグルテンフリーのパンが焼けちゃいます。

大豆粉と米粉の食パンミックス焼き上がり

 

焼き上がりはこんな感じ。
側面の焼き色は、毎回濃いです。
(メーカーさんの説明に、焼き色が付きやすいため、焼き色設定を濃いめにしないよう記載があります。)

また、パンの膨らみは若干少なめです。

 

大豆粉と米粉の食パンミックス焼き上がり断面

 

スライスした断面です。
きめの細かさがお分かりでしょうか?
色味は大豆粉使用のため、黄色っぽいです。



気になるお味は

「甘くておいしい」「ふんわりもっちりしている」「パンの耳が香ばしい」
と家族に好評です。

本当はこのパン、小麦アレルギーの次男用なのですが、美味しいからと家族みんなも食べています。

味以外では、米粉オンリーのパンよりも、固くなりにくいところが気に入っています。

余ったパンは1枚づつラップでくるみ、保冷バックに入れて、冷凍すればOK。
トーストすれば「ふんわりもっちり」が復活しますよ。

 

 

注意点があります

ホームベーカリーは、1斤用を使用してください。
1.5斤以上のものは、メーカーより使用しないよう注意書きがあります。

さらに、このパンミックスは【早焼きコース】を推奨しています。
【早焼きコース】機能が無い場合、通常の食パンコースでイーストを半分(1.5g)・冷水(5℃)にて焼いてください。

なお、タイマー設定は使用できません。

 

 

まとめ&買えるところ

グルテンフリーのパンが、「たった3つの材料」で焼けるパンミックス
【大豆粉と米粉の食パンミックス】をご紹介しました。

市販でもグルテンフリーのパンは売られていますし、我が家もたまには専門のパン屋さんで購入します。

ただ、プロの作るパンはとても美味しいけれど、値段が高く、買い続けるのは大変だったりしますよね。

そんな時にはこのグルテンフリーパンミックスを使ってみて下さい。

小麦アレルギーの人も、グルテンフリー生活を続ける人も。
その生活が続くならばなおのこと、お財布に優しい選択をするのは大事ですよね。

 

買えるところは下記のとおり

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です