卵アレルギーOK!卵白不使用ひと口サイズのさつま揚げ

お子さんが小さかったり、ママがお勤めしている場合、買い物に行くのは大変です。

休日に家族そろって買い物もよいですが、お子さんが一緒だとぐずったりねだられたりー。
本音を言えばママ1人で買い物に行きたいですよね。

我が家の場合スーパーで買い物はしますが、基本は生協の宅配を利用しています。

利用している生協は「パルシステム」と「coop」の2つ。

扱っているものが違うので(同じものもありますが)2つを利用しつつ、足りないものや生協では高いものをスーパーで買い足す感じです。
水、料理酒、しょうゆ等重いものは生協で注文することが多いです。

以前記事に書いた卵白不使用の「鹿児島さつま揚げ」はパルシステムで購入していますが、今回ご紹介する「長崎一番たこキャベツちぎり」はコープデリで購入できます。

関連記事>>鹿児島さつま揚げ

 

もっと魚を食べてもらいたいので、魚肉を使った練り物は手軽で重宝します。
夕食が始まる前につまみ食いで半分は無くなってしまうくらい子供たちが大好きなおかずなんですよ~。

 

 

卵アレルギーOK!:たこキャベツちぎり

たこキャベツちぎり

 

  • 名称:魚肉ねり製品
  • 原材料名:魚肉(たら、えそ、あじ、その他)、キャベツ、たこ、でん粉、食用植物油脂(なたね)、魚介エキス、砂糖、食塩、昆布エキス
  • 製造者:長崎蒲鉾有限会社
  • 価格:248円(購入時2018年6月)

コンタミ情報として、原料の魚はえび、かにを食べています。
工場ラインで卵を使用した製品も製造しています。

 

購入したとき、たまたま20%増量企画でラッキーでした。
内容量は120gなので通常は100gになります。
生協ではこいういった1個増量とか、1袋プラスとかお得な企画がたまにあるので、つい買ってしまいます。

製造者の長崎蒲鉾さんのHPを拝見しました。
こちらの「たこキャベツちぎり」はオンラインショップでは買えないようです。よって生協向けの製品だと思われます。

 

ところで原材料に使用されている「えそ」という魚について。
あまり聞かない魚なので調べてみましたが、「○○えそ」と名のつく魚が10種以上ありました。

どの「○○えそ」が使用されているかわかりませんが、「○○えそ」はそのまま食べるには美味しくないけれど、練り製品の原料として需要が高い魚だそうです。

さて、我が家では、オーブントースターで3~4分ほど焼いて食べています。

そのまま食べてもおいしいですが、少し炙るとさらにおいしいのです。
食卓に置いておくと子供たちのつまみ食いが始まり、食べるころには半分くらい無くなっています。

魚はたくさん食べて欲しいから、好んで食べてくれるのはうれしいですね。

 

 

まとめ&買えるところ

卵アレルギーでも卵白不使用で食べられる「たこキャベツちぎり」をご紹介しました。

スーパーで買おうとすると、原材料欄を抜かりなくチェックしなければならず、面倒くさいし、周りの目が気になるときもあります。

その点生協のカタログでは、製品ごとにアレルギー表示があるので、とても便利で楽です。

この商品は、今のところ購入できるのはコープデリの宅配です。

他に入手方法が判明したら追記していきます。

生協の会員になる必要があるため、少々入手困難ですがとてもおいしいのでご紹介しました。

 

 

 

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です