卵白不使用!ひと口サイズのさつま揚げ【たこキャベツちぎり】

お子さんが小さかったり、ママがお勤めしている場合、買い物に行くのは大変です。休日に家族そろって買い物もよいですが、お子さんが一緒だとぐずったりねだられたりして。本音を言えば、ママ1人で買い物に行きたいですよね。

 

我が家の場合スーパーで買い物はしますが、週に1度くらい。基本は生協の宅配を利用していて、利用している生協は「パルシステム」と「コープデリ」の2つです。

 

扱っているものが違うので(同じものもありますが)2つを利用しつつ、足りないものや生協では高いものをスーパーで買い足す感じです。水、料理酒、しょうゆ、キャベツ、大根、米など重いものは、必ず生協で注文しちゃいます。

 

さて、今回ご紹介する「長崎一番 たこキャベツちぎり」はコープデリで購入しています。食べやすいひと口サイズのたこ入りさつま揚げです。

 

もっと魚介類を食べてもらいたいので、魚肉を使った練り物は手軽で重宝しますし、卵白不使用の練り物製品はとっても貴重。夕食が始まる前につまみ食いで半分は無くなってしまうくらい、子供たちが大好きなおかずなんです。



【co-op】長崎一番 たこキャベツちぎり

たこキャベツちぎり

  • 名称:魚肉ねり製品
  • 原材料名:魚肉(たら、えそ、あじ、その他)、キャベツ、たこ、でん粉、食用植物油脂(なたね)、魚介エキス、砂糖、食塩、昆布エキス
  • 製造者:長崎蒲鉾有限会社
  • 購入価格:248円(購入時2018年6月)

 

✔原料の魚はえび、かにを食べています
✔コンタミ情報として卵があります

 

購入したとき、たまたま20%増量企画でラッキーでした。今回の内容量は120gですが通常は100gになります。生協ではこいういった1個増量とか、1袋プラスとかお得な企画がたまにあるので、ついつい買ってしまいます。

 

製造者の長崎蒲鉾さんのHPを拝見しましたが、こちらの「たこキャベツちぎり」はオンラインショップでは買えません。よって生協向け製品のようです。

 

タコはずっと高値が続いているので、メイン食材でもないタコに大金は出せないよーというのが正直なところです。せめて冷凍のたこ焼きでもと思うけれど、小麦・卵にアレルギーがあるため米粉の冷凍たこ焼きを手に入れないとそれも無理です。

 

だからこの【長崎一番タコキャベツちぎり】は、わが家のタコ事情をすべて背負っているようなものなのです。

 

さて、我が家では、オーブントースターで3~4分ほど炙って食べています。そのまま食べてもおいしいですが、少し炙るとさらにおいしいのです。アツアツをしょうが醤油で食べれば優勝です。

 

食卓に置いておくと子供たちのつまみ食いが始まり、食べるころには半分くらい無くなっています。ですが魚介類はたくさん食べて欲しいから、好んで食べてくれるのはうれしいです。

 

でも!本当は大人こそタコを食べたほうがいいのです。テレビで見ましたが、タコにはタウリンが豊富に含まれており、肝臓の疲労回復を助ける、目の疲労・精神的な疲労の回復効果があるんですって。だから一番疲れている夕食時がおすすめとのこと。それに低脂肪・低カロリーだから、タコじたいダイエット向きなのだそうです。

 

タコの値段が爆上がりしている今日この頃、タコは高いけどタコキャベツちぎりは庶民の味方です!



まとめ&買えるところ

卵アレルギーでも卵白不使用で食べられる「たこキャベツちぎり」でした!

 

魚介類はたくさん食べてほしいので、ひと口サイズのさつま揚げにinされている形状が食べやすいです。高騰が続くタコなので、小麦・卵アレルギーでタコ焼きも厳しいときには、このタコキャベツちぎりを思い出してください。

 

この商品が購入できるのは、今のところ生協の宅配のみ(他に入手方法が判明したら追記します)。生協の組合員になる必要があるため、少々入手困難ですが、とてもおいしいのでご紹介しました。

■買えるところ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です